多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

無責任な大人たち
2015.07.31
noimage
 安保法案に関する議論を聞いていると、日本人でいることが恥ずかしくなる。それほどに無責任な発言が巷を賑わしている。 いちばんいい例が、ある週刊誌の記事だ。安保法案に反対する記事があったかと思うと、尖閣諸島で横暴にふるまう中国に対して批判する記事がある。もちろん、私は週刊誌を買っているわけではない。新
 
お手軽な3000メートル級登山
2015.07.26
 初めて登山にチャレンジする人をアテンドすることになった。 さて、どこがいいかと思案した。その人はかなり体力はありそうだが、いきなり3000メートル級はきついだろう。しかし、3000級じゃなければ見られない景色を見せてあげたい……。そんなことを思いながら調べているうちに、最適の山を見つけた。 乗鞍岳
 
本質を形に。『Japanist』26号、完成
2015.07.19
noimage
 また季節が4分の1進んで、新しい『Japanist』が仕上がる。 今号の表紙は藤間久子さんの写真。深閑とした森の、苔生した石段に生えるドクダミの風情がなんともいえない。 ドクダミは名前で損をしている。「ドク」を含んでいるので悪いイメージがあるが、白い花は清楚で美しい。私は花もあの匂いも大好きだ。 
 
歩行困難になった海
2015.07.12
 いつものようにランニングを終えて戻ると、娘が血相を変えて「パパァ、海を病院へ連れて行って」と言う。なにごとかと聞くと、急に歩けなくなってしまったと。 見ると、座ったまま動くことができず、ニャーニャーと鳴くばかり。本人も何が起こったのかわからなくて、鳴くしかないという感じだ。 このネコは本ブログに1
 
未体験の懐かしい味
2015.07.05
 前回に続き、京都ネタを。 京都に大好きな店がある。 スポンタネ。以前は「ビストロ・スポンタネ」だが、今は「レストラン・スポンタネ」と名乗っている。以前も食事の内容は明らかに「レストラン」だったが、実態に対してへりくだっているところに好感がもてた。 祇園四条からほど近い宮川筋にあった。その時の様子を
 
Recommend Contents
このページのトップへ