多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

いいお寺とそうでないお寺
2015.06.28
 お寺や神社は人の心の拠り所になりえる場所だから良い悪いの判断は馴染まないかもしれない。しかし、実際、いろいろな寺社仏閣を巡っていると、どうしても「良いかそうでないか」、あるいは「好きかそうでないか」に分かれてしまう。 以前、金閣寺で見たお守り・お土産の自動販売機にはほんとうに驚かされた。それもケバ
 
いいモノとそうでないモノ
2015.06.21
 去る4月、社屋を売却し、移転するにあたって、じつに多くのモノを捨てた。かなり収納力があった社屋だったので、よけいにそうだったのだが、途方もないモノが溜まっていたのだ。 あまり吟味することなく捨てた。バンバン捨てた。もしかすると、これから「あれはどこへいった?」というようなケースがたくさんあるかもし
 
走れ、タカク
2015.06.14
 目下、いくつかの事柄に挑戦しているが、そのなかのひとつが走ること。正直に書けば、10キロを39分台で走りたいと思っている。 かなり以前もそう思っていた。35歳の頃に10キロ走に出場するようになり、少しずつ記録を伸ばした。しかし、37歳の頃に40分16秒で走って以来、年々記録は悪くなっていった。やが
 
原爆に負けない木
2015.06.07
 前回に続き、広島ネタを。 被爆の木として有名なアオギリの木がある。原爆投下後、「今後75年間、広島には草木も生えないだろう」と言われていた。しかし、爆心地から約1300メートル離れた場所に生えていたアオギリは、猛烈な爆風を受けて焼け焦げたにもかかわらず、なんと翌年、新しい芽を出したのである。その逞
 
Recommend Contents
このページのトップへ