多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

巡り巡って……
2015.04.29
 少し前の小欄に、25年以上使ってきた社屋を売却し、事務所を移転すると書いた。明日(4月30日)には引っ越し作業がほぼ完了する。移転先は、宇都宮の私の自宅である。週に一回くらい、出社する際に使っていた程度で、もったいないと思っていた。 もともと一般の住宅のイメージとはほど遠く、リビングをかなり広めに
 
季節に合わせてやってくる『Japanist』
2015.04.19
 年々、生活のリズムができてきた。それによって、能率がすこぶる上がった感じがする。やはり、不規則はダメだと痛感。仕事においても健康においても。 毎日のリズムとは別に、一週間のリズム、一ヶ月のリズムもある。そして、四季ごとのリズムもある。 四季ごとのリズムのひとつが、『Japanist』の発行だ。 も
 
沖縄の、真っ赤っ赤な言語空間
2015.04.12
「うわー、真っ赤っ赤だ」 取材のため沖縄を訪れ、ホテルにチェックインしたところで、ロビーに備え付けの地元2紙を読み、思わず声が洩れた。『琉球新報』と『沖縄タイムス』。噂には聞いていたが、おどろおどろしい文言が躍っている。品性のない紙面に、辟易した。日本共産党の機関紙『赤旗』も真っ青である。「沖縄県民
 
未来につなげる、大きな区切り
2015.04.05
 25年以上使った社屋を売却することになった。 1987年4月に創業した直後、7坪ほどの事務所を借りた。その年の末にはスタッフが3人になり、手狭になったため、もう少し広い事務所に移転することにした。手続きをしている途中、クライアントのなにげないひとことが心にひっかかった。「どうせなら、自社の社屋を建
 
Recommend Contents
このページのトップへ