多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

爽快、爽快、あらソーカイ
2015.01.25
 と、のっけからつまらない冗談で始まったのにはワケがある。 約13年ぶりに10キロを走り、目標を上回る結果を出せたからだ。 48分12秒。 30代の中頃から10キロ走に参加するようになり、40分10秒くらいで走っていた。39分代を目標にしていたがついに叶わず、むしろ年ごとにタイムは後退し、42歳の頃
 
6歳の『Japanist』
2015.01.18
 『Japanist』の構想が固まって作業に着手したのが2008年暮れ。気がついたら6年以上が過ぎ、もうすぐ第24号が完成する。 なにごとも思いつきで始まることは簡単。しかし、続けるのは容易ではない。仕事も学びも人間関係も同じことが言えると思う。 そういう意味では、第一関門突破というところだろうか。
 
お月さまの話
2015.01.13
 月の動きが気になるようになった。 きっかけは知人から教えられた『木とつきあう智恵』(エルヴィン・トーマ著)を読んだことだ。オーストリア人の著者は木材の製材業を営んでいるが、新月の日に伐採した木で造った家は火事にもならず、虫もつかず、長持ちするという。 木材にもいい影響を及ぼすのであれば、当然ながら
 
包括的視点をもつ
2015.01.08
新春あけましておめでとうございます。 本質的に生きる、これが私の最大の眼目だ。そのために、なるべく長期的、包括的、宇宙的なものの見方、考え方、とらえ方をしようと意識している。 最近のお気に入りは次の言葉だ。──わたしたちが死ぬ。風がわたしたちの足跡を消す。それがわたしたちの最期だ カラハリ砂漠に住む
 
Recommend Contents
このページのトップへ