日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言・名言】
ホーム > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用する普遍性があります。それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした人たちの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。

“心の栄養”として、活用してください。

Kakugen

賢い人に助言は要らないが、愚か者は助言を聞こうとしない。
ベンジャミン・フランクリン(Benjamin Franklin)
 ベンジャミン・フランクリンの言葉ですが、日本人にとっては耳の痛い格言です。賢い人とは、さまざまな状況に応じて、自分の考えを総動員して的確な判断を下すことができる人。一方、愚かな人は助言がなければ状況が好転することがない場合でも、聞く耳をもたない。 「信念をもち続けること」と「頑迷固陋」は根本的に異なります。なぜ、日本が分不相応な戦争に突入していったのか。その理由のひとつに、「聞く耳をもたなかったから」があげられると思います。 戦争ほどの国家的一大事ともなれば、多くの議論を闘わせ、その中で最上と思われる選択肢を見出していくべきですが、残念ながらいったん増長癖に陥ると、日本人は議論を拒否し、優れた助言であっても撥ねつけてしまう傾向があります。 それを繰り返さないために、われ…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ