多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

迷わないマー君
2013.09.27
 じっくり野球観戦をしたのは何年ぶりだろう。WBCを除けば、いつ以来か覚えていない。 昨日、東北楽天イーグルスがリーグ優勝した試合をテレビで見た。試合の展開によっては、〝マー君〟こと田中将大投手のピッチングが見られると思ったからだ。 今年のマー君の活躍は素晴らしい。形容する言葉がなくて、思わず「素晴
 
師の懐へ還る
2013.09.21
 世の中の人間を2種類に分ける方法はいくつもあるが、こういうのもアリかも。 「答えのあるものを求める人と、答えのないものを求める人」 もちろん、私は後者だ。だからこそ、文章やデザインといった、正解のないものを生業(なりわい)にしている。 一方、学生時代から数学や物理は苦手だった。いつも赤点ギリギリだ
 
百田尚樹、吠える!
2013.09.15
 今、飛ぶ鳥落とす勢いの百田尚樹さんに取材した。 私は子どもの頃から小説が好きだが、正直なところ、作家本人に興味をもったことはほとんどない。作品と作家は別だと考えていた。そもそも小説家という職業は、社会と乖離した部分が多いのだろう。左翼思想だったり虚無的だったり反社会的だったり、あるいは自分勝手だっ
 
Innovative SATOYAMA Cuisine
2013.09.11
 このところ、猛烈なスピードで仕事を続けている。 例えば、『Japanist』の6ページの取材記事なら、朝から書き始め、午後3時くらいには終わっている。 私は取材記事の場合、ワードは使わない。イラストレータで、ある程度レイアウトした後、直接入力する。このやり方だと、今ページのどのあたりまで進んだかが
 
パンナが死んじゃった
2013.09.07
 柴犬のパンナが死んだ。16歳5ヶ月。自然の懐へ帰っていくように、静かに死んでいった。 我が家には「海」というアイドル猫がいるので、飼い犬の存在はあまり知られていなかったが、娘が3歳のとき、どうしても欲しいというのでペットショップへ行き、買った。海は拾ってきた猫なのでタダだったが、パンナにはお金がか
 
「フェア」であることの難しさ
2013.09.03
 いい映画だった。 日本が戦争を終結させるために果たした昭和天皇の役割を中心に、天皇は戦争の指導者ではなかったと証明するために奔走するフェラーズ准将を描いた『終戦のエンペラー』。 日本がなぜ戦争に突入していったのか、というテーマに対し、かなりフェアな表現がちりばめられている。 例えば、当時は帝国主義
 
Recommend Contents
このページのトップへ