多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

書は人なり
2013.07.30
 「文は人なり」とも言うし、「書は人なり」とも言う。文字を書くという行為に、人柄が現れてしまうのだろうか。 私は自他共に認める悪筆なのだが、書はかなり好きな分野だ。以前発行していた『fooga』でも『Japanist』でも、何人もの書家を取り上げている。 先日、東京国立博物館平成館で『和様の書』展を
 
てめェの都合ビジネス
2013.07.26
 世の中の常識っていったいなんだろう、と思わざるを得ないことがとみに多くなった。 先日、会社に出社、昼休みの後の掃除の時間のことであった。ちなみに、私は週に2日くらいしか出社していない。仕事の場は、社会全体だからだ。掃除は月・水・金曜日の午後一番にするのが会社のルールだ。 掃除をしようと会社の玄関を
 
Japanist 、18回目の誕生日
2013.07.22
 『Japanist』第18号が今日完成する。 その前に、参院選について。 結果は予想通りというべきか。前回のこのブログで書いた高橋克法氏は、圧勝という形で当選してくれた。あとは彼らしい仕事をしてくれることを祈るのみだ。 それにしても今は事前にかなり緻密な予測ができてしまうので、選挙速報を見る楽しみ
 
高橋克法の季節がやってきた
2013.07.15
 いよいよこの男の出番、到来だ。高橋克法氏が参院選に自民党から立候補、次の日曜日に有権者の審判を仰ぐ。 高橋氏と初めてお会いしたのは、かれこれ10年近く前のことだろうか。とてもヘンテコな友人・高久カズオさんから「近くにスゴイ政治家がいるから会ってよ」と言われ、シブシブ会うことにした。聞けば、宇都宮市
 
生まれる前の自分の意思
2013.07.12
 『Japanist』でご紹介した小児科医の真弓定夫氏の講演会と映画『うまれる』の上映会が吉祥寺の武蔵野公会堂であった。 まず、映画『うまれる』の上映。正直、こういうタイプの感動ドキュメンタリーは苦手だった。「さあ、どうぞ泣いてください」と言わんばかりの作り方は、作為的に思えたのだ。 でも、この『う
 
奇人・変人の時代
2013.07.08
 最近、変人が多くなったなあとつくづく思う。「変人」と書くと、「変わった人」と受け取られるかもしれないが、それはあくまでも現代の常識に照らし合わせて、ということであり、本質的には変人でもなんでもなく、むしろ「まっとうな人」である。 特に食や医療の分野での「変人」が多くなった。 すでに『Japanis
 
Recommend Contents
このページのトップへ