多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

14回目の『Japanist』
2012.07.30
 『Japanist』No.14が発行された。どんな事態になるのかまったく予測ができなかった2009年4月の創刊から早3年強。14回も号を重ねると、かなりペース配分がつかめるようになってくる。と同時に、仕上がりも予想できるので、仕上がったときの感動も薄れてくる。仕上がった頃は、すでに次号の構想に意識
 
世界に勝てる日本農業
2012.07.26
 新聞を読んでいたら、ある新刊の広告がなにげなく目に飛び込んできた。中央に大きな縦書きで「田中八策」とあり、タイトルの左下にその人とおぼしき人が写っている。 「タナカハッサクかあ。こんなに大きく名前が書いてあるのだから、かなり有名な人なんだろうなあ。思えば、テレビもほとんど見ないし、新聞は宇都宮に戻
 
バルザック的外交思考
2012.07.22
 今、バルザックの『娼婦の栄光と悲惨』を読んでいる。相変わらず長い。細かい文字組で870ページ。悪辣な人間が「これでもか」と悪行の限りを尽くす。まさに、バルザック節炸裂である。 美しい元娼婦エステルに一目惚れしたユダヤ人の強欲な銀行家ニュシンゲンから大金を巻き上げようと、さまざまな人間が集まってくる
 
天才歌い手と脱原発集会
2012.07.18
 つくづく私は雑食だと思う。食べ物の好き嫌いはまったくないし、音楽や読書についてもまさに雑食。 今回は音楽の話である。久しぶりに、血湧き肉躍るアーティストに出会った。フランス人のZAZ。32歳。本国ではエディット・ピアフの再来と言われているらしい。 タワーレコードでなにげなく手に取り、試聴した瞬間、
 
モリソンの海にたゆたう
2012.07.14
 『Japanist』第13号でご紹介した現代彫刻家・モリソン小林さんの個展(厳密には、奥様との二人展)が、今月7日から東京・中目黒の〈GÉODÉSIQUE〉で開催されている。 『Japanist』での記事のタイトルは、「枯れいくものへの哀惜」とした。モリソンさんは、植物が命を燃やし尽くし、枯れてゆ
 
夢か現か、あの世かこの世か
2012.07.10
 以前、この欄で、岡山からの帰り路、台風に直撃され、深夜1時に浜松で強制的に新幹線から放逐されたことを書いた。 急遽、確保したホテルに3時間ほど滞在し、始発の新幹線で帰ってきた。なぜ、そうしたかといえば、11時から国立能楽堂で能の鑑賞をするためだった。 田口佳史先生のご講義で、あるいは世阿弥の『風姿
 
Recommend Contents
このページのトップへ