多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

生成化育の季節
2012.04.29
 まさに生成化育の季節。地球はただの物体ではなく、ダイナミックに生命の火を灯し続けている惑星だということが実感できる季節になった。新緑が芽吹くこの季節は、私がもっとも好きな季節でもある。 本来であれば、私がこの世に生まれた桜の季節こそ、もっとも好きな季節というべきだろう。ところが情けないことに、10
 
12度目の産声
2012.04.24
 本日、『Japanist』第13号が仕上がった。 今回は唯一の編集スタッフの急死にくわえ、いくつかの取材日程がなかなか決まらず、最後の追い込みの段階でドバドバドバーッっとしわ寄せがきた。おかげで肩や首はコンクリートのように(オーバーかな?)固まり、もはや首が回らない状態に。 そういえば、私は長い間
 
尖閣諸島は日本領だと答えられない人のために
2012.04.19
 「尖閣諸島は中国の領土だ!」 もし、あなたの周りに日本語の達者な中国人がいて、上のようなことを大声で主張したら、あなたはなんとする? 黙って聞いているのだろうか。あるいは、日本固有の領土であることを説明するだろうか。もし、黙っているとしたら、それは菅直人と同じくらい罪な日本人である。 では、模範説
 
オトコの色気
2012.04.15
 右の写真、さてなんでしょう? じつはこれ、カラーとスイートピー。いずれも紫色で、艶やか。白い壁にメチャクチャ映える。まさにオトナの色気である。誕生日のお祝いにいただいたものだが、さぞかしこういうモノの贈り主はオトナの女性だと思うだろう。 ところがどっこい。じつは、男くさーい男であった。町工場の職人
 
春風の花を散らすとみる夢は
2012.04.11
 桜の咲く季節に生まれた。 子どもの頃、母親から「おまえはお釈迦様と同じ日に生まれたんだよ」と言い聞かされて育ったものだから、なんとなくお釈迦様が身近な存在だった。長じて、釈迦(ブッダ)のことを知るにつれ、とんでもないことだと知ったが、今でも他人とは思えない(笑)。 桜といえば、今読んでいる萩耿介の
 
旅の記憶は一生もの
2012.04.03
 このブログのアップが1日オーバーしてしまった。 特に課金しているわけでもないし、正確なインターバルでこのブログを更新する義務はないのだが、ときどき、「毎日チェックしてるんですがねえ……」などと呟かれるたび、「毎日は無理ですよ。まあ、中3日くらいならなんとかなりますので、それで勘弁してください」と弁
 
Recommend Contents
このページのトップへ