多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

過去に戻ることはいいことか
2011.07.29
 われわれ現代人は、好むと好まざるとにかかわらず経済社会の一員として存在している。そうであることを拒否して生きることはできない。いや、相当な覚悟があれば、山の中で木の実や虫を食べ、経済というものにまったく無関係のまま生涯を終えることもできるかもしれないが、それはもはや人間を止めるということに等しい。
 
戦前も戦後も天皇の役割は変わっていない
2011.07.25
 前回に続き、御用邸の写真を→。 今回は日光田母沢御用邸跡地である。 日光田母沢御用邸は前回紹介した沼津御用邸より狭いものの、豊かな日光の自然を背景にした四季折々の風情ある佇まいは格別の趣がある。この御用邸は日光出身で明治時代の銀行家・小林年保の別邸に、当時、赤坂離宮などに使われていた旧紀州徳川家江
 
手塚治虫に失望させられた
2011.07.21
 なんと、今夏、那須御用邸にご行幸される天皇・皇后両陛下をお迎えする列に加えさせていただく僥倖に恵まれた。日取りは明かせないが、そう遠い日ではない。 私が日本女性の中で最も尊敬しているのは、なにを隠そう、皇后陛下である。皇后陛下の御歌がフランス語訳され、彼の地で評判になったというのは『祈りの御歌』と
 
リオを一望できるコルコバードの丘にて
2011.07.17
 『コルコバード』と聞けば、オスカー・ピーターソンを連想する人も多いと思う。玉を転がすようなあの流麗な音楽は、まぎれもなくジャズの名曲のひとつといっていい。 それでは、コルコバードとは何か? コルコバードとはリオ・デ・ジャネイロの街を一望にできる、ある丘の名である。リオには他に『コパカバーナ』とか『
 
美術館、私のタイプは……
2011.07.13
 日本人の美術展好きは、世界の中でも一頭抜きんでていると思う。それはそれでいいのだが、ちょっとメジャーな画家の展覧会だと作品を堪能するというより、人の群れを見ているような気になることがある。美を鑑賞したくて貴重な時間とお金を使って美術館に足を運んでいるのに、疲労だけが残るという結果になったことは数知
 
祝 平泉の世界文化遺産登録
2011.07.09
 平泉と小笠原諸島が世界遺産に登録された。震災以降、あまりいい話題がなかっただけに、まずは素直に祝福したい。 平泉といえば、藤原一族。子どもの頃、源義経が藤原秀衡を頼って行く様子を思い浮かべてはハラハラドキドキした。弁慶の勧進帳のくだりなどは、さながら自分があの場で文字の書かれていない勧進帳を読み上
 
Recommend Contents
このページのトップへ