日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】
ホーム > 日本人として覚えておきたい ちからのある言葉【格言集・名言集】

偉人たちの言葉には、いつの時代にも通用するメッセージがこめられています。

それぞれの時代を懸命に生き、一事をなした彼らの一言だからこそ、今もなお私たちの心を揺さぶり続けるのです。この格言集は、古今東西の格言・名言をご紹介する不定期コラム。

みなさんの“心の栄養”として、時折ご覧いただければ幸いです。

 

Kakugen

勤勉と努力が戦後復興を促した
江戸英雄
江戸英雄は昭和を代表する経営者の一人。焼け野原から始まった日本の戦後復興について、次のように語っている。「日本はどん底状態から立ち上がって今日の姿になりました。(中略)日本人特有の勤勉と努力の成果である」この度の震災で亡くなられた方のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。(110315第11回)…続きを読む
 
たゆまざる歩み恐ろしかたつむり
北村 西望
北村西望は、長崎の平和祈念像を作成した彫刻家。平和祈念像を制作中のある夜、足下にいたかたつむりが、翌朝には像の上の方にまで達していた。これに西望はいたく感動し、上の句を詠んだと言われている。不遇の時代が長く、何度も彫刻の道を諦めようとした西望。それでも歩みをやめずに、淡々と活動を続けて地位を築いた自分を、かたつむりに重ね合わせたのだろう。(110315第10回)…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ