多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

日本人の大転換期
2011.03.28
 戦後史上最悪の国難は、今も終わりが見えない。数万人もの死者が出、そのうちの多くがまだ発見されていないという事態がきわめて異常なら、その異常さに意識が向かないほど恐怖に駆られる原発事故もきわめて異常だ。あの11日の14時46分を境にしてこんな状況になるなど、いったい誰が予測しえただろう。 この国難が
 
復興のシンボル・花見山
2011.03.23
 地震の報道は日々絶え間なく続いているが、被害の全容はいまだにわからない。とりわけ予断を許さないのが、福島の原発事故だ。東電の社員、自衛隊員、消防隊員らの決死の活動によって一進一退の状況が続いているが、一日も早く解決され、平穏な日に戻ることを願うばかりである。 例年であれば、日本列島は桜前線の話題で
 
桜とともに合掌
2011.03.18
 被害の全貌が明らかになるにつれ、おびただしい犠牲者の数に戦慄を覚える。万を越える数の人が、一瞬にして命を奪われるなんて……。数字で「万」と聞いてもリアリティーがないが、一人ひとりにそれぞれの人生があったはずだ。 まだ生まれたばかりの子もいただろう。ようやく歩き始めたばかりの子も、もうすぐ卒業する子
 
力を合わせて復興だ
2011.03.15
 とてつもない大惨事になってしまった。テレビで被害の状況がわかるにつれ呆然となり、胸の奥がキリキリと痛むかのように苦しくなる。いったい、なにゆえあの人たちはあのような目に遭わなければならないのか。石原慎太郎都知事の言うように、本当に天罰だとしたら、それが下るべき人たちは他にたくさんいるだろう。自然を
 
死と永遠
2011.03.10
 目下の所、私のライフスタイルはウィークデーを東京で、週末を含め数日を宇都宮で、という配分になっている。日数でいえば半々というところか。 都内での住居はすでにこの欄でもたびたび書いてきたが、新宿御苑間際のマンションで、窓の外は御苑の木々という絶好の地である。それこそ手を伸ばせば、もう少しで葉っぱに手
 
おせっかいな社会
2011.03.07
 とにかく日本の社会は病的なほどおせっかいな社会だ。まさしくビョーキといっていい。どこへ行ってもおせっかいなアナウンスとおせっかいなサインで溢れている。 気が休まらない。電車に乗れば、やれ白線の内側に下がってほしい、列車が通過するので注意してほしい……、電車に乗れば、やれどこどこには何時何分に到着す
 
Recommend Contents
このページのトップへ