多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

夕暮れショー
2011.01.30
 半年ほど前から朝の日課のひとつに加わったものがある。You Tube でNHKのラジオ体操第1・第2を見ながら体操をすること。映像を見ながら、つま先や手の指先まで体操のおねえさんと同じように動かすと、結構な運動になる。その後、軽いストレッチ、ダンベルでの側筋、腕立て伏せ70回など、いくつかのメニュ
 
絶対自由の境地を得るためのてがかり
2011.01.27
 我が師・田口佳史先生の新著が発売されたので大々的に宣伝してしまう。 『老子の無言』。 昨年4月に出版された『論語の一言』に続く一書で、これによって儒学と老荘思想(『老子の無言』では『老子』ばかりではなく『荘子』についても触れている)のエッセンスを理解する最良の手立てが用意されたと言っていい。 『論
 
これからの日本外交
2011.01.23
 たびかさなる日本外交の失敗に歯ぎしりし、早51歳にして前歯が全部なくなってしまった、というのは真っ赤な嘘だが、心の中はそんな感じである。 今がどうのというより、次の世代が心配だ。自分の国を守ろうという気概がない国家がどのような道をたどるのか。 と思っているところにちょうどいいシンポジウムがあり、足
 
ネガティブなことは遠ざけよう
2011.01.18
 少し前の新聞広告に、新しく始まるテレビドラマの広告が掲載されていて、キャッチコピーにドキリとさせられた。 「女は、不幸な女を見るのが好き」 思わず、コワーイとのけぞってしまった。 それと似たような言葉で、「他人の不幸は蜜の味」というものもある。 日光東照宮にある有名な「三猿」の意味するのは、「悪を
 
つ、つ、ついに盆栽の世界に
2011.01.14
 ついに未踏の地へ足を踏み入れたというか、禁断の果実を口にしてしまったというか。 盆栽に手を出してしまった。 と聞くと、なんとなくジジクサイと思う人もいるだろう。 かくいう私も10年くらい前まではそう思っていた。あれは隠居した年寄りの趣味じゃないかと。しかし、「日本酒を飲むと悪酔いする」という誤解と
 
本物とまがいものとそうでないもの
2011.01.10
 世の中は、圧倒的多数のまがいものとほんの少しの本物、そして、そのどちらでもないものによって構成されているというのが私の見方だ。今まで、さまざまなものに興味をもち、堪能し、さまざまな人に会ってきた結果、そういう結論に至った(自分が本物かまがいものか、あるいはどちらでもないかは言及しないが)。 だから
 
Recommend Contents
このページのトップへ