多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

安土城はわからないからオモシロイ
2009.12.31
 今年もいよいよ大晦日になってしまった。 このブログ『多樂スパイス』を読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。 今年は初めて会ったのに、すでにこのブログを読んでいて、かなり私のことを知っているというケースがいくつかあった。本来なら、知り合って、徐々にその人間を知っていくというプロセスが当た
 
神も仏も畏れぬ
2009.12.26
 サラ・ブライトマンの新しいDVDを観ていた。ウィーンのシュテファン寺院大聖堂で行われたコンサートである。 つくづく思うのは、イギリス女とイタリア男というのはなかなかの組み合わせだな、ということ。もちろん、ビジュアルでの話である。アレッサンドロ・サフィーナという伊達男の鑑みたいなテナー歌手とサラのデ
 
評価定めがたし、織田信長
2009.12.22
 今年、『火天の城』という映画を観た。安土城築城をテーマにした作品だ。ひとことで言えば、とても良かった。大工の棟梁役をやった西田敏行の演技に惚れた。すごい俳優だ。 かなり以前から安土城趾へ行ってみたいと思っていたが、その映画を観てからますますその願いが強くなった。 願えば叶う。今秋、織田信長が天下に
 
ミシシッピ川で考えたこと
2009.12.18
 旅で味わったことは、いつまでも脳の片隅にしまわれているようだ。風景、味、匂い、聴いた言葉・話した言葉、あれこれ考えたこと……。 1988年10月、アメリカ南部へ2週間弱の旅をした。88年といえば創業の翌年で1年間の個人事業を経て法人にした年。仕事が山ほど入ってきて、ずっと仕事ばかりしていた。社員も
 
白侘助と坂田甚内のコラボ
2009.12.15
 気がついたら、書、陶器、絵画など、かなりの点数の作品が手元にある。芸術家を取材する機会が多いことから、どうしてもそうなってしまう。相手に惚れてしまえば、作品をもちたくなる。それは自然の感情だ。 ところが、飾るスペースにもストックするスペースにも限界がある。これ以上、なるべく買わないようにしようと心
 
借景が最上の美術品
2009.12.11
 いつかは必ず行ってみたい美術館の筆頭が足立美術館であった。 なにしろ主な収蔵品は私が好きな近代日本画であり、庭園は10年近く「日本一」と評価されている。京都にひしめく名庭園をさしおいて、ずっと日本最高という冠を獲得し続けている足立美術館から見る光景を我が眼底にしかと刻みつけたいと思っていたのだ。 
 
Recommend Contents
このページのトップへ