多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

日本をたたき直す運動
2009.07.26
 このコーナーで、しばしば新しい政治の動きを報告してきた。 3月に箱根で行われた「日本 この手でなんとかする」、4月に日本青年館で行われた「日本よい国構想 スプリングフォーラム」、5月の「山田宏に結起を促す会」。 そして今回は、7月17日に日比谷公会堂で行われた「日本よい国構想 サマーフォーラム」。
 
知覧の地を踏む
2009.07.20
 初めて鹿児島の地を踏んだ。知覧を取材するためだ。 今まで何人かの心ある人たちに驚かれていた。「えー? 知覧へ行ったことがないの?」 パソコンを2本指で叩いているとカミングアウトした時もかなり驚かれたが、それはある意味私のチャームポイント?なので、あまり意に介していないが、知覧はそういうわけにはいか
 
素敵な大人がたくさんいる社会へ
2009.07.11
 茨城県常陸太田市で、“ハナチンスケ”こと原伸介の講演会が催された。もちろん、あの“信州のバカボン”の異名をとる、炭焼き職人である(※ただし、鼻毛は出ていない)。 実は、絶版になった伸介の著書を小社にて再販することになり、現在準備中なのだが、一度提案した表紙のデザイン案があっさりと却下された。彼は表
 
花の天分
2009.07.05
 最近、お年なのか、森羅万象にとまではいかなくとも、自然が創り出すさまざまな表情に感じ入ることが多くなってきた。 風の音、雲の流れ、鳥のさえずり、山肌に生える木々の様子、川の流れ……。中でも私を驚かせてくれるのが、花だ。動物の生態にも驚かされることが多いが、花はまさに超一級の芸術品であると断言してい
 
Recommend Contents
このページのトップへ