多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】

Introduction

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。
日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。(テキスト/高久 多美男)

BLOG TarakuSpice Topics

自分の心はわからない
2009.03.28
 千鳥が淵に近い山種美術館は好きな美術館のひとつだが、いかにも狭いのが難点だった。「絵を鑑賞するモード」に入ってきた頃に、終わってしまう。だから、今年10月に広尾に新設移転と知った時は、これは良きことなり、と喜んだ。 その山種美術館で今まさに移転前の企画展「桜さくらサクラ・2009 さようなら、千鳥
 
日本、この手でなんとかする!
2009.03.17
 いよいよこの国は、自律変動を始めた。 このままの政治が続けば遠からず三流国に成り果て、国民は辛酸を舐めることになると察知した、多くの心ある日本人が動き始めたのである。 3月15日、熱く、それでいて粛々とこの胎動は始まった。 かつて松下政経塾の塾頭であり、今は志ネットワーク「青年塾」の代表として数々
 
那波多目功一、引き算の美学
2009.03.04
 『Japanist』のための取材で日本画家・那波多目功一氏を訪ねた。 昨年開催された茨城県天心記念五浦美術館での展覧会を見て、いたく気に入ってしまい、どうしても『Japanist』創刊号でご紹介したいと考えていたのだが、要望が叶ったというわけだ。 なぜ那波多目功一か。もちろん、現代の日本画壇におい
 
Recommend Contents
このページのトップへ