多樂スパイス
ホーム > ブログ【多樂スパイス】

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

山のシューレ
2008.09.06
 何年ぶりかの多忙ゆえ、しばらく間が空いてしまった。 その多忙の極みのまっただ中、二期倶楽部で行われた第1回「山のシューレ」に参加した。参加といっても、特別なにをするわけでもない。準スタッフのような扱いで宿泊場所まで与えられていたが、3日間にした仕事らしきものは、てんつくマンを那須塩原駅まで迎えに行ったことくらい。あとは気ままにいくつかの講座を受講したり、あたりをブラブラしたり、起伏のある広大な敷地を案内したり、夜の会で歓談や食事を楽しんだり……と、忙中閑あり、実に充実した「山の学校」であった。 それにしても『…続きを読む
 
初めてのお伊勢参り
2008.08.24
 仕事で三重へ行ったついでに伊勢神宮を訪れた。 伊勢神宮はこういうところだったのか、と初めて知ったことがたくさんあり、自分の勉強不足を思い知らされた。 まず、伊勢神宮は皇室の祖先神「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)を祀る内宮(ないくう)を中心に125社からなっているということ。125社という数字にまずはびっくり仰天。 次に、式年遷宮といって、20年に1度、新しい神殿を造営し、神宝をはじめ一切を新しくして大御神に遷ってもらう行事があること等々、「今まで知らなくて恥ずかちいー」と思ってしまうようなことが多々。伊…続きを読む
 
1+1=∞
2008.08.13
 大きな志を持った者同志が出会うと、1+1=∞(無限大)という図式になり、自分の利得しか考えない輩同士が出会ったら、1+1=−∞(マイナスの無限大)になると私は思っている。 そのどちらにも属さない人が大勢いるが、要するに社会は両グループの綱引きだと考えられなくもない。歴史を振り返れば、一目瞭然だろう。もちろん、長い人類史の中では、たった一人だけの力で大きなことを成し遂げた例もなくはないけど……。 前々回のこの欄で紹介したように、7月11日、横浜市長・中田宏氏と高根沢町長・高橋克法氏の対談が横浜市役所で行われた。…続きを読む
 
北穂高岳、2度目の挑戦
2008.08.05
 昨年の今頃、このブログで書いた。「退却する勇気」が大切だと。 でも、こんなことを書くのは無責任のようだが、あれは負け惜しみで仕方なく書いたのだ。せっかく涸沢までたどり着いたのに、いざ北穂高へ目指そうという時になって台風の影響でガスッてきた。そして、泣く泣く、登頂を断念し、下山したのであった。だから、勇気でもなんでもなかった。第一、無謀なリスクを冒す勇気は、私にはない。 リベンジとばかり、今年も同じコースを行った。 なぜ北穂高? それは、頂上から見る槍ヶ岳の姿があまりにも美しいと、カズさん(前回のこのブログ参照…続きを読む
 
御家形様はアンパンマン
2008.07.26
 御家形様(おやかたさま)と呼ばれ、多くの人に幸せと笑いをバラまいている高久和男さんが生誕60周年、つまり還暦を迎えた。本人はあくまで50歳と言い通しているが、お腹もポッコリ出てしまい、もはやどう繕っても嘘八百の域を出ない。それでもかたくなに「俺は50だ!」と主張するあたり、さすがは御家形様である。 御家形様の尋常ならざる生態は、拙著『多樂スパイラル』の200ページ目を読んでいただければすぐにわかる。なにしろ、型破りのハチャメチャ凄腕人生なのだ。酒を一滴も飲まずに毎月数百万円の飲み代を浪費し、自分を茶化しながら…続きを読む
 
Recommend Contents
このページのトップへ