多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 寒い、寒い

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

寒い、寒い

2011.07.05

 いよいよ夏本番。暑さに強い髙久が本領を発揮する季節になった。

 とはいうものの、前回のブログは蒸し暑さが倍増するような熱い写真を掲載してしまった。衷心よりお詫び申し上げる。今回は罪滅ぼしに、見ただけで寒くなりそうな写真をお届けしたい。

 万年雪を被っているシャモニーである。

 

 2003年7月、リヨン郊外にあるミヨネーで故アラン・シャペルの直弟子であるフィリップ・ジュス氏とレストランのメートル・ド・テルを務めていたエルヴェ・ドゥロンジエ氏にインタビューした後、アネシーを経て訪れたのであった。

 と書くと、いかにも私がフランス語ペラペラのような印象を抱くかもしれないが、フランス語で覚えているのは、スィ、アンドゥトワ、シルヴプレ、オーヴォワ、メルシー、ハダジュヴァン・ナガジュヴァン・アザブジュヴァンくらいなものである。両氏の話は通訳を介さなければ、まったくわからないのであった。

 それはそれとして、シャモニーの山々はじつに寒々としていた。急角度のロープウェーに乗り、一気に山頂付近に登ったのはいいが、夏だというのにあたりは雪ばかり。急転する風景の妙に思いがけず感動した。今までにスキーは一度しか経験がない。初回にもかかわらずそこそこ滑れたけれど(午前中に上級クラスのてっぺんまで上がり、そこから降りてきた。はじめの10分間くらい、集中して転ぶことを覚えたら、その後は一度も転ばなかった。案外私は運動神経がいいかも )。それにしても頂上の樹氷が美しかった。

 では、なぜ、ウィンタースポーツが苦手なのだろう。答えはわかりきっている。寒い日の朝早く起きるのは、よほど差し迫った事情がない限り、不可能なのである。

 と書いてから、先が続かない。どうも、寒い光景をイメージすると文章が湧いてこない脳の構造になっているらしい。

 思えば、暑いのは平気で、数年前までは真夏の真っ昼間、100メートル走のインターバルを何本もやって楽しんでいた。汗が華厳の滝のように流れ、その後に飲むキリリと冷えたビールは極上のご馳走となった。さすがに五十路の今となっては熱中症になってそのまま救急車で搬送となる可能性もあるので控えているが……。

 ということで、読者の皆さんは良識ある方ばかりだと思うので心配はしていないが、くれぐれも真夏のインターバルトレーニングは控えていただけるようお願いいたします。

 

 ところで、松本龍復興相の放言にはあきれた。物言いに人間味や教養がいささかも感じられず、まさに「傲慢を絵に描いた」ような人物である。

 あのような人物が政権にいること自体、戦後のリーダー教育が間違っていることの証だ。小人物に権力を持たせると、あのように勘違いする。まるで「オレ様」が世の中のすべてを決めているかのごとく照れもなく振る舞える感覚がどうにも理解できない。他人から見れば、笑うか怒るかのどちらかだが、当の本人はいたって本気だから始末に負えない。おそらく学校の成績は良かったのだろうが、人間学では最低に近いと言って間違いはないだろう。また、松本のような人物を大臣に任命する菅もまた、同様の人物といわざるをえない。

 日本人はほんとうに不幸である。あのような人物のもと、復興に取りかからなければならないのだから。

(110705 第263回 写真はシャモニーの山)

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ