多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > ガンディーの教訓

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

ガンディーの教訓

2011.04.14

 東京都知事選が終わり、4選が決まった後の記者会見で、石原慎太郎氏はさかんに日本の復興にはわれわれの精神を改めなければダメだと言っていた。

 曰く、「自分の親が亡くなったのに葬式もあげず、亡くなったことさえ秘匿して親の年金をもらい続けるような人間は世界中に日本人しかいない、まずそのような我欲を洗い流さなければいけない」と。

 最近、震災の直面する日本人のいい面ばかりがクローズアップされることが多いので、つい忘れがちになっているが、あの震災が起こった後、いきなりすべての日本人の精神が立ち直ったはずがない。そのことは冷静に見ていく必要があるということを気づかされた。

 今回、あらためて石原氏のコメントを聞き、以前の天罰発言はマスコミの恣意的な操作によるものだということがはっきりわかった。マスコミというものは、自分たちに都合のいいように解釈し、一方的に報道する傾向がある。マスコミで報じられる「○○氏の発言」などというものは話半分くらいの気持ちで聞いた方がいい。

 と、マスコミの話ではなかった。日本人の精神について、であった。

 

 くしくもマハトマ・ガンディーは「七つの社会的な罪」として次の7つをあげている。

●原則なき政治

●労働なき富

●良心なき娯楽

●人格なき知識

●道徳心なき商い

●人間性なき科学

●献身なき祈り

 

 彼はインド人だが、インド人だけではなく、人類に普遍の教訓をいくつも示している。

 また、第二次世界大戦中、「すべての日本人に」と題し、次のような言葉を残していることはあまり知られていない。

 「私は、あなたがた日本人に悪意を持っているわけではありません。あなたがた日本人はアジア人のアジアという崇高な希望を持っていました。しかし、今では、それも帝国主義の野望にすぎません。そして、その野望を実現できずにアジアを解体する張本人となってしまうかも知れません。世界の列強と肩を並べたいというのが、あなたがた日本人の野望でした。しかし、中国を侵略したり、ドイツやイタリアと同盟を結ぶことによって実現するものではないはずです。あなたがたは、いかなる訴えにも耳を傾けようとはなさらない。ただ、剣にのみ耳を貸す民族と聞いています。それが大きな誤解でありますように。

あなたがたの友 ガンディーより」

 

 日本人の精神を復興させるために有用なヒントは、至るところにある。

(110414 第243回 写真はガンディーが使っていた糸車。ムンバイのガンディーの家にて)

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ