多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 海と1年を振り返る

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

海と1年を振り返る

2010.12.29

 今年1年間を海とともに振り返りたい。

 

 「海はどんな1年だった?」

 「私自身は何も不自由ありませんが、世の中のことを考えると滅入ってきます」

 「これ以上ないっていうくらい、極楽生活に見えるけど」

 「それは大きな勘違いというものです。寝て食べて甘えているだけじゃないのですよ。今までにも何度かこのブログでコメントさせていただいたけど、この国の行く末を案じているんです。私は今10歳だから、生きてもあと15年でしょう? でも、あなたたち人間は大変ですよね」

 「25歳まで生きる気?」

 「まあ、失礼ね。私の先輩のマリリンは21歳7ヶ月生きたでしょう? あんなに性悪オバサンだったのに。それなら私は25年は生きるつもりです」

 「それはそうと、やっぱりこの国の政治が悪いということか?」

 「もちろんです。だって、なんにも理念がないでしょう? 政治家なら、自分はこういう社会にしたい、という理念があって当然なのに、なんにもない。見事なくらいスッカラカン。ただ、自分たちの票を確保することに血眼になっている。こう言ってはなんだけど、日本人には民主主義は合いませんね。それは快適でしょうけど、民主主義には大きな責任と義務がついてくるということがまったくわかっていないみたい。すべてをあなたに依存している私がこう言うのも変だけど、日本人はすっかり依存心ばかりになってしまったみたい」

 「僕はその原因は現憲法だと思っているけどね。早いところ自主憲法を制定しないと、この国は溶けてなくなってしまうんじゃないかと危惧している」

 「ネコの勘ですけど、他にも原因はたくさんあると思います」

 「まあ、そうだろうな。でも不思議だね。危機の時には信じられないくらい力を発揮する民族なのに」

 「そうですよ。皮肉なものですね。みんなで頑張って社会が良くなったら反転運動が始まって、一気に悪くなるなんて」

 「まあ、そういうもんだよ。長いスパンで見ると、成長→安定→転換というサイクルの繰り返しだから。今はまさに激しい転換期だろう」

 「みんな耐えられるのかしら」

 「みんなというのは無理だろうね。ダメな奴はダメだ。危機感のない奴は可哀想だけど、とんでもない状況になってしまうと思うよ」

 「それも自然淘汰なのかしらね」

 「すべてがうまくいくというのは自然の法則に反するよ。いいことがあれば悪いこともある。今までいいことがあり過ぎたと思えばいいんじゃない?」

 「あなたはどんな1年だったのですか?」

 「そりゃ、充実の1年だったよ。ここ数年、毎年そう思っているけどね。創業以来初めて赤字をくらったけど、大きく前進できた気がする。来年が楽しみだよ」

 「会社が赤字なのにかなりの楽天家ですね。ところで最近、家に帰って来ない日が多いけど、どうかしたのですか?」

 「仕事のこととかなんとかかんとかいろいろあって、都内に拠点を構えたからね。何か問題でも?」

 「だって、私の最大の楽しみはあなたに下腹を揉んでもらうことなのですよ。それがすっかり減ってしまって、途方に暮れているのです」

 「そういう言い方は嫌いだな。自分の下腹くらい自分で揉めよ」

 「そういう言い方ってひどいですよ。この肉球じゃうまく揉めないし、そもそもあなたにさんざん揉まれたから、こんなに垂れ下がってしまったし。もうお嫁にいけないわ」

 「だっておまえ、人間なら50代半ばくらいだろ? まあ、おまえには長生きしてもらいたいから、なるべく好きなようにしてあげるよ」

 「じゃあ、今度は半日コースですよ」

 「おまえ、たいがいにしないとまた田んぼに捨ててしまうぞ(笑)」

 「ひぇ〜〜〜」

 と延々続くのだが、あまりにもバカらしい話なので、これにて打ち切り。

 

 皆様、今年もご愛読ありがとうございました。

 来年もよろしくお願いいたします。

(101229 第219回 写真は『Japanist』を読んだ後の海)

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ