多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > インド人は日本人が大好き

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

インド人は日本人が大好き

2010.11.25

 数年前、インドに行った時のエピソードを紹介したい。

 デカン・オデッセイという、寝台列車でインド東海岸沿いを一週間かけて走り、ところどころで世界遺産などを観光するというツアーに参加した。

 出発点はムンバイ(旧ボンベイ)、最初の宿は1、2年前にテロがあったタージマハル・ホテル。そのツアーは30人足らずであったが、大半がヨーロッパ人であった。ガイドの話によれば、日本人が参加するのは数年ぶりのこと。一車輌につき2部屋しかなく、それぞれに専属のバトラーがついている。朝きっかり6時、コーヒーを携えて起こしにきてくれる。今思えば、贅沢きわまりない旅であった。

 列車はだいたい夜移動し、到着したところからバスで観光地へ向かう。エローラやアジャンタ、エレファンタ島など、効率よく世界遺産を回れるし、ボディガードが数人ついているので、ちょっと危ない地域にも安心して行くことができた。

 

 ある日、ナントカという島へ行った時だった。たまたまインドの小学校の遠足とかちあった。大勢のインド少年・少女が群れをなして歩いている。無邪気そうな表情は、昔の日本の子のようだ。

 やがて、視線を感じるようになった。なにやら私を見つめるデッカイ目がたくさんあるのだ。小麦色や褐色の肌に、もともと大きな目は異様に大きく見える。

 そのうち、おそるおそる近づいてきて、名前はなんというのですかとか、握手してくださいとか、いっしょに写真を撮ってもらってもいいですかと言ってきた。

 Sure!

 そう答えるやいなや、多くの子どもが私に殺到した。

 手を差し出して握手を求める子、私の名前を連呼する子、そして“撮影会”の連続。

 たぶん、この子たちは誰かスターと勘違いしているのではないかと思ったが、よもや私がスターに似ているはずもない。周りにイギリス人やドイツ人やアメリカ人などがわんさかといたが、彼らには一向に目もくれず、ひたすら私に殺到してきたのだ。

 ある白人は私を見て、言った。

 You must be movie star!

 

 あとでガイドに尋ねると、意外な答えが返ってきた。

 曰く、インドでは小学校の教科書で日本の素晴らしさを教えている。日本は強国・アメリカに戦いを挑んで敗れたが、懸命に頑張って復興し、今や世界有数の経済大国。弾丸列車(新幹線)や高性能の自動車などを作っている尊敬すべき国なのだと。だから、ほとんどのインド人は日本人に敬意を抱いている。しかし、かつての宗主国であったイギリスは嫌い、アメリカも嫌い、中国はもっと嫌い、韓国も嫌いだそうだ。

 そうかあ、そんな目で日本人は見られていたのかあ、と感心してしまった。

 日本では、「アジアから嫌われている日本」という図式で教えられることが多い。シナや韓国の反日運動は詳細に報道されるが、こういった親日国家のことはほとんど報道されない。そういえば、ブラジルに行った時も、日本人というだけで歓待を受けたものだ。

 もっともっと、こういう真実を国民に知ってもらわなければいけないと思う。今は政治もメディアも教育界も自虐趣味の左翼勢力一辺倒になってしまっている。一刻も早く、そういう風潮を正常な状態に戻さなければ、われわれ日本人、特に子どもたちの自尊心は廃れる一方だろう。

 

 ところで、ひとつ疑念が残った。というのは、私の近くにはあの高久和男さんがいたのである。彼も立派な日本人。しかし、インドの子どもたちはカズオさんにはまったく興味を示さなかった。彼はどう見ても典型的な日本人体型だし、日本人の顔をしている。足の長さだって、まさしくニッポン男児だ。夏の虫を引き寄せる街灯のごとく、キャバクラ属ミニスカ科のオネエチャンには人気があるが、どうやらインドの子どもたちのおメガネにはかなわなかったようである。

 その理由が知りたいのだが、今となっては知るよしもない。それがとても心残りなのである。

(101125 第210回 写真はインドの子どもたちと記念撮影?に応じる筆者)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ