多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > シナ人と民主党政権

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

シナ人と民主党政権

2010.10.03

 昨日、代々木のNHKスタジオパーク前に数千人が集結し、中国への抗議集会が行われた。国を憂う、多くの良識ある人たちが中国の驕慢な外交とそれに媚びへつらう日本政府に怒りの声を張り上げ、その後、シュプレヒコールをあげながら渋谷へと進んだ。

 プラカードや横断幕を抱えながら集団で歩くのは思考停止した左翼のようで、かなり恥ずかしい行為にちがいないが、そうも言っていられない。このまま中国の言いなりになれば、やがて日本はウイグルやチベットのようになってしまうかもしれないし、そうではなくても、誇りを失った卑屈な民族になってしまうことは避けられないからだ。

 

 海上保安庁の船に衝突してきた漁船の乗組員は、じつは人民解放軍の兵士だということがアメリカからの情報で判明したという。なるほど、やっぱりそうだったのか。どうりで奴らは漁民の顔をしていないと思った。

 釈放され、帰国した後、彼らは中国政府によってかくまわれている。もし、軍の兵士が他国の船に衝突していったことが国際社会にわかってしまったら、大きな問題になってしまうからだ。

 しかし、日本政府はそこを突かない。おそらく、そういうこともわかっているのだろうが、中国を刺激することは絶対にしない。

 なぜか? 我が身がかわいいからだ。保身と比べ、日本なんかどうでもいいと思っているからだ。日本がなければ、おのれの身分など消えてしまうこともわからず、ただ我が身を守ることに汲々としている。

 どうして日本はこんな国になってしまったのか。かの誇り高き民族は、いったいいつからこんな情けない民族になり果ててしまったのか。

 考えるだにおぞましい。

 中国はそういう日本を見抜いている。どんなに理不尽なことを高圧的に言っても、日本人はただ薄ら笑いをして、卑屈になり、最後は自分たちの言い分を聞くと知っている。自衛隊も日米安保も機能しないことを知っている。それは日本国憲法があるからだ。両手両足を自ら縛った人間が抗議しても、犬の遠吠えにもならないことをシナ人たちは知っている。おまけに日本のメディアが中国の代弁者であることも知っている。

 なぜ、日本のメディアはごていねいに中国のメディアをなぞって報道するのだろう。敵の言い分を再生産するのだろう。そういう意図もあってNHK前に集まったのだが、やはりNHKは昨日の抗議集会を報道しなかった。受信料なんか払っている場合ではない。

 

 一度、誇りを失った人間は、堕ちていくばかりである。「どうせ……」という投げやりな心があらゆる面に現れてくるからだ。だから、目先の経済的利益よりも大切なことがある。主張しなければいけない理由が厳然とある。金に目がくらみ、わずかな論戦も嫌うこの国の風土が、結局こういう事態を招いてしまったのだ。こういう状態のまま、次の世代にバトンタッチしていいのだろうか。まず、われわれは民主党政権を打倒しなければならない。あの政権がある限り、日本人は猛スピードで堕落する。しかし、自民党に戻れと言っているわけではない。あろうことか、谷垣は「船長をもっと早く釈放すればよかった」と言ったらしい。バカも休み休み言え! と言いたい。

 誇りを失った、つまり人間の尊厳を失った民族を待ち受けているのは退廃だけである。

「中国とは断交してもいい」「中国人は日本に来なくてもいい」「日本の技術をすべて引き揚げる」「おまえたちの野蛮な行為のすべてを国際社会に訴える」となぜ言えないのか。

 それを言えば、あの国は態度を変える。高圧的な態度では蹂躙できないということがわかれば、態度を軟化する。そういう連中なのだ、シナ人は。

(101003 第196回 写真は抗議集会に集まった人たち)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ