多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 中国人は来なくていい

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

中国人は来なくていい

2010.09.29

 またまた中国の話題である。

 なぜ、日本政府は「のび太君」のように弱腰になってしまっているのか?

 もちろん、もともと中国に媚びを売ることが得意、日本に愛着を持っていない、さらに極端なことを言えば、日本が嫌いな人が大勢集まっている政党だからということも言えるだろう。菅も仙石も若い頃、どのような活動をしていたかを知れば、腑に落ちるはずだ。彼らにとって、人間の尊厳、誇りなどはどうでもいい話なのだ。

 さらに原因を探れば、中国に経済的な急所を握られている、と錯覚しているからではないか。中国が物を買ってくれないと、あるいは中国人が観光に来てくれないと日本経済が破綻すると思い込んでいるようだ。

 しかし、本当にそうだろうか。数年前を思い出してほしい。そんなに中国は日本製品を買っていただろうか、今のように中国人は大挙して日本に押し寄せいてきただろうか。

 そんなことはない。中国人にお金を使ってもらわなくても、きちんと経済は機能していたのだ。つまり、中国の言う経済カードは砂上の楼閣なのだ。

 私は今回の出来事がきっかけになって、日本に来る中国人が減るのであれば、それはそれでいいと思っている。なぜなら、地方の観光地へ行っても、はたまた銀座を歩いても、マナーの悪い中国人ばかりでウンザリしていたからだ。彼らが日本にお金を落とすことのメリットと、日本という国の品性を保つのと、どちらが大切かと問われれば、間違いなく後者だ。もちろん、日本人の中にも強欲な輩がいて、少しでもお金を得たい人もいるだろう。しかし、そんな声を聞く必要はまったくない。

 

 10月2日(土)、代々木のNHKスタジオパーク前で今回の事件の抗議集会が行われる。皆さん、こぞって参加してください。もちろん、私も鎧甲を着用の上、馬に乗ってはせ参じるつもりだ。

(100929 第195回 写真は甲府市の武田神社にある大木。文章とまったく関係がなく、武田信玄にお詫びいたします)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ