多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 大久保公哀悼碑

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

大久保公哀悼碑

2010.09.15

 昨日、民主党代表選があった。

 一から十まで気にくわない。2週間にわたる選挙戦において、両陣営から発信されたメッセージはすべて「自分たちへの投票」を促すものばかりで、「どのような国家にするのか」とか「この難局をどう乗り切り、日本を立て直すのか」という視点で語られたことはただの一度もなかった。景気対策の予算をいくら増やすとか、地方に自由に高速道路を作らせるとか、子どもでも考えつくような幼稚な論戦に終始していた。

 対する党員たちも、今ここでどちらにつくことが将来の自分にとって有利になるか、という考え方で行動しているのは火を見るより明らかだった。正直言って、このまま民主党政権が続けば、まちがいなくこの国は破綻するだろう。菅氏は一見、清潔そうだが、そんなことよりも、あの政治思想が危うい。昨日の代表選の結果を最も喜んでいるのは中国であり、韓国であろう。菅の手法では中韓との友好などありえず、あるのは日本がますます矮小化し、国益を損失することばかりだ。

 では、小沢がいいのかと問われれば、もちろんそんなことはない。要するに、どっちもどっちなのだ。

 

 思えば、明治初期の圧倒的な難局を全身全霊で乗り切った大久保利通は、凄かった。小沢は、大久保の功績は伊藤博文や大隈重信の比ではないと言っていたが、それがわかっていて、どうして今のような体たらくなのだ、と問いたい。

 それはともかく、大久保利通の遺徳を偲ぶために明治政府の同僚たちが作った哀悼碑が麹町の清水谷公園にある。大久保は明治11年5月14日朝、赤坂御所へ向かう途中、紀尾井坂で暗殺された。西南戦争を片付け、いよいよ日本の基盤作りに精力を傾けん、という時の災難であった。

 哀悼碑は高さ6.27メートル。緑泥片岩でできており、裏面には「贈右大臣大久保公哀悼碑」と彫られている。

 

 深々と頭を垂れ、黙祷を捧げた。こんな国にしてしまって何も申し開きできない、と心の中で念じながら。

(100915 第191回 写真は裏側から見た哀悼碑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ