多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 「ねえ、ジャンケンしない?」

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

「ねえ、ジャンケンしない?」

2010.08.09

 山に登り始めて、「山に神々が棲んでいる」と感じていたが、最近はまたちがう理解をしている。

 山ばかりではなく、地球、いや宇宙のすべてが神なのだ、と。東洋らしく「天」と言い換えた方がしっくりくるのかもしれない。とにかく、地球は生命体そのもので、そこに生えた毛のようなものが植物であり、われわれ人間も含め、動物たちはその植物たちに(つまり、地球という生命体に)生かされている、という感覚が増すばかりなのだ。

 どうしてそう思えるようになったのか、確かなことはわからない。ただ、気がついたらそういう確信を抱いていたのだ。

 

 毎年恒例の登山をしてきた。

 今回は南アルプスの仙丈ヶ岳。北アルプスの山々と比較すると穏やかな容貌をしており、「南アルプスの女王」とも呼ばれているらしい。

 標高3033メートル。けっして低くはないが、困難な山ではない。

 初日、北沢峠に着いた日、近くの山で滑落し、一人が亡くなったという知らせが入った。夕方になると、雨が降り始める。山の奥深くで雨や濃いガスに見舞われたら、危険だ。明日は晴れますように、と願いながら、7時半頃、床に就いた。

 翌朝は願いが叶い、スッキリ晴れた。5時15分、気合いもろとも出発する。

 日頃、ウォーキングをしているせいか、足取りが軽い。標準コースタイムより幾分早く、頂上に着いた。

 頂上から見る南アルプス一帯の景色は、まさに100万ドルの絶景だった。ところどころに雲海があり、その向こうに山々の嶺が聳える。真っ青な空に浮かぶ雲は、地上から見るそれとはちょっと異なり、ちぎれ方に法則性がない。地上に近い雲は密度が濃いので「雲らしい」が、その上に漂う雲は青空が透けており、白から青へ至るグラデーションがことのほか美しい。まさしく生命の徴だと感じた。

 この地球という生命体に生かされていることに感謝し、一人黙々と下山した。

 

 ところで、今回も同行したのは、今までに何度も私を散々な目に遭わせてくれた高久和男氏。

 今回は最初から別行動だったのでひどい目に遭わなかったが、ひとつだけ悔しい思いをしたので、後々の教訓とするため、ここに記すことにする。

 和男さんは知る人ぞ知る甘党である。初日、コンビニに立ち寄って、山で食べる甘いモノをたくさん買い込んでいた。しかし、あろうことか、それらを車の中に置き忘れてしまったのだ。

 それが発覚してからというもの、まるで全財産を失ったかのごとく悔やんでいたが、一瞬、目の色が変わったのがはっきりわかった。切れかけていた電球がいきなり光を取り戻したかのように。

 「そう言えば、キミもなんか買ったよね」

 いつもより早口にそう言ったのだった。

 「え、え、塩豆大福をひとつ」

 悪い予感がした。

 「ねえ、ジャンケンしない?」

 穏やかな口調でそういう言葉が発せられた。

 つまり、ジャンケンをして勝った方がその大福を食べることにしよう、というのだ。

 ええ、いいですよ、と答えたものの、もし私が勝ったら一生怨まれそうな勢いだったので、「じゃあ、あげますよ」と答えた。

 それを聞いた年長者の和男さんは、「じゃあ、キミに悪いから半分にしようか」と言ってくれると思いきや、「よーし、これで楽しみができたぞ」と満面に笑みを浮かべている。

 結局、1500人の従業員を抱える社長の言動とは思えない、プライドのかけらもない巧妙な駆け引きにより、塩豆大福一個をまきあげられてしまったのだ。

 

「ねえ、ジャンケンしない?」

 これは案外使えそうだ。

(100809 第184 写真は仙丈ヶ岳登頂直後の筆者、背後に雲海が見える)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ