多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 傲岸不遜な白人の主張

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

傲岸不遜な白人の主張

2010.07.06

 『ザ・コーヴ』という映画が物議をかもしている。和歌山で行われているイルカ漁を糾弾するドキュメンタリー映画だが、これについて私の考えを述べたい。

 

 「白人は、いつになっても自分たちだけが正しいと思っている傲岸不遜な連中だな」

 それが正直な感想だ。もちろん、まっとうな白人もたくさんいると思う。しかし、ああいうトンデモナイことを言い始めるのは、ほとんど白人だ。

 私はクジラもイルカも食べない(そもそもイルカ漁が行われていたことさえ知らなかった)が、食文化に文句をつけ始めたらキリがないということはわかっている。クジラはダメで、アシカやカンガルーやダチョウがいいという決まりはないだろう。フランスでは「ジビエ」と称して野の動物たちを美味しく料理してしまうが、例えばウサギ好きにとってはたまらなく哀しいだろう。中国では生きたサルを熱々の鉄板に尻から載せ、血が頭にのぼったところで頭蓋骨を割り、脳味噌を食べるという。というか、四つ足は机以外、飛んでいるものは飛行機以外食べてしまうという「なんでもあり」の民族だ。それでもわれわれが文句を言う筋合いはない。以前、タヒチに行ったときは、あちこちに野良犬がたくさんいて、どうしてあんなに野良犬がいるのかと訊くと、「非常食だ」という答えが返ってきた。

 そういうもんじゃないか、食文化というものは。

 それを白人は、まったく自分たちだけの物差しで、「この動物を食べるなんて野蛮、可哀想」とのたまうが、それなら自分たちの食文化の正当性を誰にでもわかるように説明してみろ、と言いたくなる。基本的に植物や魚を食べる日本人と比べ、彼らは野蛮であることをまったくわかっていない。

 というわけで、あの映画を上映する映画館の経営者は判断を誤っている。シー・シェパードの片棒をかついでどうするの? と言いたい。公正なドキュメンタリー映画は、どんなに自分たちに厳しい内容であっても上映を止めるなど言語道断だが、あれは公正な記録映画ではない。あの映画をつくった監督は、まず自らの食生活を明らかにし、そして正当性を主張し、その上であのような映画を作れと言いたい。あの映画を上映する映画館は、非難されても仕方がない。

 高久は怒っている。

(100706 第178 写真は久能山東照宮にある徳川家康の手形。それによると、家康の身長は155センチ。体重は60キロ。38歳の時の手形だそうだ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ