多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 散々なサンザン・オールスターズ

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

散々なサンザン・オールスターズ

2010.07.01

 どうして行ってしまったんだろう? どうして聴いてしまったんだろう?

 怖いもの聴きたさ、怖いもの見たさの心境があったのは否めない。しかし、これほど衝撃を受けるとは思わなかった。人格が崩壊してしまったかもしれない(もう崩壊しているだって?)。

 

 サンザン・オールスターズのライブ。

 「えー! 桑田さんって今、ライブ活動しているの?」と思う方もいるだろう。ところがドッコイ、よ〜くバンド名を読んでほしい。「ン」の一字が多いのに気づいいたかな。

 そう、散々の「サンザン」。散々な演奏なので、サンザン・オールスターズ。

 ドラマーは、なんと私を何度も散々な目に遭わせた高久和男。ブラジルの空港や日光白根山の頂上で私を置き去りにし、平然と笑っているあの高久和男である。あわや山で遭難死! というハメに陥れようとしたあの男である(ちなみに○○学園の理事長でもある)。

 演奏のことは何も言うまい。曲の途中で勝手にドラムが終わってしまったことや、ギターの後を追いかけてリズムが早くなったり遅くなったりしたことは言うまい。お茶目な目を隠すために似合わないサングラスをかけていたことも言うまい。日頃通っているクラブで調達した若い女の子ばかりが客だったということも言うまい(ちなみに、彼女たちのミニスカートは膝上35センチ、股下1センチ)。

 それなのに、気がつくと拍手をしていたのだ。日頃から本物を求め、まがいものを遠ざけていたのに、こともあろうにサンザン・オールスターズの演奏を聴いて拍手をし、おまけに1年分も笑ってしまったのである。

 それにしても、あんな散々な演奏で会場のすべての人たちを楽しませたあのオジサンたちって何者?

 

 おかげで、自分は今年最大のヤマ場と言えるほど忙しいということをすっかり忘れていた。

 ありがとう、和男さん。

(100701 第177 写真はサンザン・オールスターズのポスターの一部。真ん中がドラマーの高久和男氏)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ