多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 日本創新党の候補者

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

日本創新党の候補者

2010.05.13

 本日、青山ダイヤモンドホールで、日本創新党の参院選第1次候補者発表会があった。ちょうどその直前に近くである取材をしていたことから記者会見に立ち会った。

 選挙区3人、比例区3人の計6人で、代表幹事の中田宏氏や政策委員長の齋藤弘氏の名前もあったが、党首の山田宏氏が立候補するかどうかは明言されなかった。

 

 なぜ、今回の参院選なのか? という問いに対し、山田氏はいつもこう答える。

 「今回の参院選を見過ごせば、次は3年後。衆院は民主党の圧倒的多数なので3年間選挙がないとすれば、あと3年は国の行く末を黙って見ている以外にない。

 このままいって、果たして日本は3年もつのだろうか。国債を国内で消化しているから大丈夫だと言う人がいるが、あと2年ほどで国の純負債は国民の流動資産を上回る可能性が高い。そうなれば国債の購入先を外国に頼らざるを得ない。そうなった時、日本はどうなるのだろうか」

 当然、金利が高騰する。物価も高騰する。円安が進み、輸入物価が暴騰する。国民の資産の多くは差し押さえられ、失業者はあふれる。IMFの管理下におかれる可能性も高い。平和ボケしてしまっている国民にとって、とても耐え難い選択を突きつけられるはずだ。

 今の夕張市よりももっともっとひどくなった状態。私もそうだが、リアルには想像できない。

 

 山田氏はこう続ける。

「われわれは選挙に当選することだけを目標にしているわけではない。国に対し、言わなければいけないことをこの機会に言う。たとえ落選しても、そのメッセージが誰かに伝わり、国が変わるきっかけになるかもしれない。そういう、やむにやまれぬ思いで立ち上がった」

 

 写真は、「子供にツケをまわさない!」というプラカードを持って並ぶ候補者たち。

 今の日本の大人はさんざん自分たちだけのために浪費しているので災難が降りかかっても文句は言えないが、これからの子どもたちはほんとうに可哀想だ。彼らにこれ以上、負の遺産を残してはならない。

 ということで、日本創新党に望みを託す以外にないのである。

(100513 第167)

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ