多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 森日出夫さんとひな祭り

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

森日出夫さんとひな祭り

2010.04.02

 ちょっと季節はずれだが、ひな飾りの創芸画をバックにした写真家・森日出夫さんの写真をお見せしたい。

 森日出夫さんと言えば、横浜を拠点に精力的に活動しているスゴ腕カメラマン。コマーシャルも撮れば、自分の作品も撮っていくつもの写真集も出している。『fooga』での連載、「北原コレクションと横浜の風景」はとても好評だったし、『Japanist』のメイン対談は、まさに森さんならではのスーパーピクチャー。

 一枚一枚に味わいがあり、魂がこもっていて、多くの読者を唸らせている。まるでその場に居合わせたような気になった読者も多いことだろう。

 

 右上のスナップは、茅ヶ崎在住の創芸画家・小渕陽童氏の作品やポートレートを撮影した後に私が写したもの(場所はギャラリー「一閑」)。ふだん、人を写してばかりいる森さんを、こんどは私が撮影したのだった。

 どうですか、ひな飾りと森さん。まったく合いませんね(笑)。

 でも、このミスマッチこそが「男の味わい」なのです。

 森さんは一見、コワそうな雰囲気がなきにしもあらずなのだが、その実、茶目っ気たっぷりで、おまけに酒豪である。横浜の事務所にはカウンターバーやサンドバッグがあり、宇都宮あたりにあるヘンな会社の社内風景に少しだけ似ている。

 ちがうところは、代表者の酒の強さ。聞くところによれば、森さんは朝まで飲んでもつぶれないらしい。午前様になることが滅多にない私では、とても太刀打ちできない、スゴイ肝臓の持ち主でもある。

 誰か、酒に自信のある方は、ぜひ森さんとサシで勝負してほしい。

 ところで、創芸画とは小渕氏が考案した技法で、表具師として得た匠の技を生かした、新しい切り絵の世界。伝統と開拓精神の融合とも言える。詳しくは、下記ホームページを。

http://www.yo-do-kobuchi.com

(100402 第159)

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ