多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 鉢植えの桜、咲く

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

鉢植えの桜、咲く

2010.03.28

 先週のある日、会社に大きな段ボール箱が届けられた。ある読者の方からの贈り物で、箱を開けると鉢植えの桜が入っていた。

 「高久さんの誕生日の頃に花が咲きますように」とのメッセージが添えられていた。

 その時の心のときめきをどのように表現したらいいのだろう。まさに、心の中で、「!!!!!!」が連続だったのである。

 

 鉢植えの桜かぁ……。

 これは意外に盲点だった。大きな桜を下から見上げて愛でるのもいいが、鉢植えなら四六時中、身近なところで愛でられる。花が咲いて、散って……という過程もつぶさに見ることができる。

 ありがたやありがたや。早速、書斎の窓辺に置いた。

 

 室内の気温が高いためか、2日ほどすると、固くとじていた蕾がほころんできて、今では8輪が開いている。

 八重桜である。大木の八重桜はあまり好みではないが、鉢植えはむしろ八重の方が存在感があっていい。ほんのりとピンクがかって、なんて美しいのだろうとしばし見とれてしまう。バリの淡々とした音楽をBGMにして、この桜を眺めているだけで、幸せな気持ちになれる。気がつくと、時間がかなり経過している。トリップしちゃっているのである。アブナイ、アブナイ。

 いつも思うのだが、植物の姿・形はじつに精妙で、どんな造形作家も太刀打ちできない。自然界の造形力を見せつけられると、いったい誰がこのようなものを仕組んだのだろうと思わずにはいられないのである。

 それにしても、『Japanist』を購入していただき、その上、感動したと言ってこんな素敵な贈り物を送ってくれるなんて、なんて私は果報者かと痛感する。

 ありがとうございます。この欄を借りてお礼を申し上げます。

(100328 第158)

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ