多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 中田宏のレジオンドヌール勲章

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

中田宏のレジオンドヌール勲章

2010.03.06

 3月5日、中田宏氏が、フランス政府からレジオンドヌール勲章を叙されることとなり、フランス大使館での叙勲式兼カクテルパーティーに出席した。

 同勲章は、1802年、ナポレオンによって創設されたフランスの最高国家勲章であり、当時は国家に貢献した軍人を対象に叙されたが、やがて軍人以外にも対象が広がり、今ではフランス人以外も対象となっている。

 今回の受章理由は、「横浜市におけるフランス月間を創設するなど、横浜とフランスの関係を深めた」ことなどが挙げられていたが、私はちょっと違う見方をした。

 もちろん、そういう理由もあるだろう。しかし、どちらかと言えば、「こじつけ」と言えなくもない。

 本意は、「これから日本の指導者の一人となる中田氏と仲良くしたい」ということではないか。

 レジオンドヌール勲章は、フランスのファンを増やすためにうまく活用されている。外交上手のフランスの真骨頂を見る思いだ。

 受章後の中田氏のスピーチがふるっていた。フィリップ・フォール駐日フランス大使が同時通訳で聞き入る中、ワインよりも日本酒が好きであると述べたり、捕鯨問題でのフランス政府の態度に釘を刺すなど、スマートに自分の意志を表明していた。もちろん、日本とフランスが良好な関係を保っているということを述べた上でのことだが。

 

 もうひとつ感じたことは、フランス政府が外国人に叙勲するに際し、ひとつの筋が通っているということ。豊かな文化や芸術を背景にする国家から叙勲されたとなれば、悪い気はしない。これが中国だったとしたら、ありがたみはあるだろうか? せいぜい、中国共産党と利害関係があるんじゃない? と疑われておしまいだ。

 

 それにしても中田さん、立ち姿がキリッとしていて、じつに絵になっていた。

(100306 第153 写真は叙勲後のスピーチをする中田氏)

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ