多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 市兵衛のまげ

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

市兵衛のまげ

2010.02.20

 広島で「日本志民会議」のフォーラムに参加した後、地元の友人に美味しい寿司屋があるから、と案内された。その名は「さかもと屋 市兵衛」。

 店に入り、カウンターに座るなり、「おっとぉー!」目を瞠った。

 なんと大将、ちょんまげなのだ(写真右)。正確には商人髷と呼ぶべきだろう。

 そのビジュアルを見て、私は「気が合うな」と思った。どこを輪切りにしても平凡な人よりも、このように個性むき出しの人の方が気性が合うのだ。

 事実、話は意外な方向に進み、大将は、「学校で明治以降の歴史を教えるべきだ」と気炎をあげる始末。すかさずカウンター越しに握手を交わしたのは言うまでもない。

 それにしても、広島まで行って、寿司屋のカウンターでその店の主人と近代日本史について語り合うとは思わなかった。

 

 ところで、ちょんまげ大将が指摘するまでもなく、近代史や道徳を教えていない弊害はおびただしい。

 バンクーバー・オリンピックに出場した国母という選手の服装問題は、もとをただせば今の教育にある。つまり、あのような品のない日本人を生んでしまったのは、今の大人が悪い。

 学校では「日の丸」や「君が代」の意味を教えず、ひたすら忌避する教師がまだまだ多い。そういう大人たちの姿を見て育った子どもたちに、「国家に対して敬意を払え」「国家の代表であるという自覚をもて」と言う方が無理がある。

 繰り返し言うが、私は日教組は一度解体すべきだと思う。百害あって一利なし。国を滅ぼす張本人だ。

 とは言うものの、民主党の最大の支持団体のひとつが日教組。「政権交代」を早く実現させないと、逆に日教組がのさばることになるだろう。

(100220 第151 写真は「さかもと屋 市兵衛の河合氏)

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ