多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 白根山に想う

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

白根山に想う

2010.01.01

 この『多樂スパイス』にアクセスし、いつも私の文章を読んでくれている皆さん、明けましておめでとうございます。

 いよいよ2010年。とても意味のある年です。今年の暮れ、そのことを実感することでしょう。

 

 「あの日にあのままおシャカになっていたら、どうなっていただろう」と時々考える。

 右の写真、よく見えないと思うが、日光中禅寺湖の湖畔から撮った日光白根山の風景である。右側に男体山がデン!とそびえ、目の前には清く澄み切った中禅寺湖。正面は日光連山。その中の最高峰が白根山で、関東以北ではいちばん高い山だ。

 このブログを過去にたどっていくと、一昨年の10月、その白根山で遭難しそうになった記事がある。あの時は、「こんな風にして人生の最期を遂げるのか」と本気で思った。やりたいことが山ほどあったのに、それもできずに凍え死んでしまうのか、と。

 もちろん、今こうしてこの原稿を書いているのだから、無事生還したのであるが、その時の恐怖を思い出すと今でも身震いがする。と同時に、限られた時間の中で精一杯、自分の役割を果たしたいと心を新たにすることができる。

 

 あの時、私は二つの大きな過ちを犯した。

 ひとつは高久和男という畏友を信じたこと。頂上手前で「疲れたので、少しペースを落とし、遅れて行くから頂上で待っていてほしい」という言葉を信じた私が迂闊だった。なんと高久和男はその後、みぞれが降ってきたのでそこでおにぎりを食べ、「先に下山します」というメールを送信し、勝手に下山してしまったのだ。ちなみに、標高2500メートル級の山で携帯の電波は届かない。それを受信したのは下山してからである。

 もうひとつの過ちは、山を甘く見ていたことだ。秋も終わりの頃だというのに、防寒具はなく、コンビニで買った薄手の雨具しか持っていなかったのだ。下山の途中、濃い霧に包まれ、道に迷った時、急激に冷え込んだことにうろたえた。あの状態でひと晩を過ごすことは絶対に不可能だっただろう。

 しかし、山の神様は私に温情をかけてくれた。もう少し生かしてやろうか、と思ったのかもしれない。

 突如、霧が晴れ、無事下山することができたのだ。

 

 だから、今の命はあの時に与えられたものだと思っている。

 

 さて、あれから1年強。さまざまなことがあった。

 山田宏氏や中田宏氏らの世直し運動「日本よい国構想」(現在は「よい国つくろう! 日本志民会議」)に関わることになり、暗澹たる日本の未来に一筋の光明を見いだすことができた。

 そして、昨年、その運動と理念を共有する志誌『Japansit』の創刊にこぎつけた。

 50歳になった直後、田口佳史先生と出会い、学びの新しいフィールドを得ることができた。

 その他にも数え切れないほどの出会いがあり、まるでパズルのピースのようにピタピタとはまってきた。

 これもひとえに、あの時、無事生還できたからだ。

 

 論語で言う「五十にして天命を知る」は、まさにその通りだと思う。

 なぜ、27歳で広告会社を興し、途中で出版事業に活動範囲を広げ、表現活動をなりわいとしてきたのか、腑に落ちたのだ。デザインも文章も、そしてコンパス・ポイントという組織もみんなこのことと結びついていたのだと合点した。

 

──いいものを伝える。

 

 その一点である。「いいもの」の「いい」とは、「いい人、いい組織、いいこと、いい動き、いいモノ」などであり、それを自分の審美眼に照らし合わせて選び、自分なりの表現で、より多くの心ある人たちに伝える。それこそが自分の役割なのだとあらあめて認識することができた。

 今年は集中的に力を使うことに決めている。ここぞと決めたことには、なんらの躊躇もせず、細かい計算をせず、ありったけの力を惜しまずに出し切る。もちろん、憤死しない程度に。

 そのために、8年続けてきた『fooga』を休刊することに決めた。次号(3月発行)でひとつの区切りとなる。今までご愛読いただいた方々には申し訳ないが、これも世の流れの一部とご了解いただきたい。

  この国を少しでもいい状態にして次代へ引き継げるよう、皆さん、ぜひお力を貸してください。

(100101 第139回)

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ