多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 食の企画講義

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

食の企画講義

2009.09.12

 毎年恒例の「食の企画」講義を終えた。

 三友学園という3つの専門学校を運営している学校法人からの依頼で、毎年10時間だけ特別講義を受け持っている。

 年毎にある傾向が進んでいる。それは、社会人の割合が増えているということだ。今年は約半分が社会人であった。高校を卒業する生徒の数が減っているということと、社会に出てから途中で自分の進路を変更したいと思う人が増えているということでもあるだろう。

 

 毎回、前半の3時間を費やして、食の企画とはまったく関係ないことを話す。

 戦後日本の歩み、現在とこれからの社会情勢、これから求められる人間とは、仕事の意義とは、成功するための鉄則とは…等々。数年前はこういう話をすると、必ず何割かは眠っていた。しかし、今はそういう人は一人もいない。不況のおかげだと思う。不況は人間を磨いてくれる。

 私はまず、本人が望んだわけではないのに現代の日本に生まれたという幸運に感謝してほしいということから始める。今、当たり前のように享受している繁栄は、先人たちの想像を絶する努力の上に築かれているということなども。これは何かを始める上で、不可欠の認識だと思っているから。

 それから実際の企画に移る。毎年、「栃木の食材、特産物を全国に広める」というテーマで、各チームに企画を練ってもらう。どういう商品か、内容の特長は、姿・形は、販売方法は、ネーミングやキャッチフレーズは、味の特徴は、価格は、予想される効果は……などアイデアを出し合い、各チームのリーダーの下、最後の日にみんなの前でプレゼンテーションする。

 プレゼンの後、生徒たちは気づく。数日前はまっさらで何もなかったのに、今はこうして自分たちのアイデアを人前で発表できるくらいに仕上がっているということを。これこそが進歩なのだと感じる。

「どお、みんな。一週間前を思い出してごらん。この企画はなーんにもなかったよね」

 生徒たちの表情が一変するのがわかる。たしかに、一週間前は何にもなかった。それなのに……。

 企画というのは、言葉を変えれば、自分の気持ちを形にし、世の中に作用させること。その一連の中に、世の中を見る目、人とのつき合い方、その道のプロとしての技術や知識、知恵などが包括される。政治も経営も同じだ。

 不況はそういう意識を高めてくれるである。

(090912 第115回 写真はプレゼン中の生徒)

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ