多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 愛馬は言った。「つれないわね」

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

愛馬は言った。「つれないわね」

2018.01.04

 新年早々、私は愛馬に詫びねばならなかった。

 来年4月で還暦を迎えるのを記念して、車で日本一周をしようと密かに計画していた。まだ訪れていない県もあるし(鳥取、香川、徳島、大分、佐賀、宮崎の6県)、車で日本一周はかなり前からしたかったことである。

「あの車ももうすぐ11年。これからあちこちに不具合が出るかもしれない。還暦の日本一周を機に買い換えようか」と思った。

 そう思い立ったのが、昨年の夏頃。以降、いろいろな車を検討した。大きな車は要らないから、これまで通りアルファロメオを選ぶならジュリエッタくらいがちょうどいいかなとか、ミニクーパーもオシャレだなとか、国産に乗るならマツダのSUVもいいか……とか。

 しかし、どれを想定してもワクワク感がない。ひたすら美しさを追求したスパイダーの後釜としては、どうしても分が悪い。

 考えあぐねるうち、このまま乗り続けようと翻意した。思えば、これまでまったく故障はなかったし、前にも増してエンジンの調子がいい。燃費も良くなっている。つまり、買い替える理由がないのだ。強いていえば、マニュアルのため渋滞にぶつかって半クラッチを続けると左脚が疲れること、2人乗りのため家族3人で出かける時は一人が電車で移動しなければならないこと、車体が低いため悪路には向かないということくらいだ。

 私は愛馬に詫びを入れた。オソロシイことを考えてしまってすまなかった、と。

 その後、不思議な感懐を得た。他の車と比べたことによって、わが愛馬に対する愛着が俄然高まったのだ。

 なにしろベースデザインはジウジアーロ、加えてオープンモデルはピニンファリーナだ。この世に数多くの車があれど、ジウジアーロとピニンファリーナの合作はほとんどないだろう。それだけでとんでもない価値があるといえるし、そもそも現行のスパイダーは生産中止のため、もう新車で買うことはできない。

 大量消費の時代はとうに終わった。私は元来、物持ちがよく、かれこれ33年間着続けているジャケットがある。25年くらい着続けているスーツやコートやシャツもたくさんある。それだけ長期間、着続けられるのは体型がほとんど変わっていないからということもあるが、決め手は「自分に合ったモノをじっくり選び、大切に使う」である。

 1年過ぎれば、1年分の愛着が増す。それも年齢を重ねる醍醐味のひとつだろう。

 

※悩めるニンゲンたちに、名ネコ・うーにゃん先生が禅の手ほどきをする「うーにゃん先生流マインドフルネス」、連載中。

https://qiwacocoro.xsrv.jp/archives/category/%E9%80%A3%E8%BC%89/zengo

(180104 第779回 写真は愛馬のお尻)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ