多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 素敵な大人がたくさんいる社会へ

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

素敵な大人がたくさんいる社会へ

2009.07.11

 茨城県常陸太田市で、“ハナチンスケ”こと原伸介の講演会が催された。もちろん、あの“信州のバカボン”の異名をとる、炭焼き職人である(※ただし、鼻毛は出ていない)。

 実は、絶版になった伸介の著書を小社にて再販することになり、現在準備中なのだが、一度提案した表紙のデザイン案があっさりと却下された。彼は表紙のタイトル文字は自分で揮毫したいという。言い始めたら、どうあやしても脅してもきかない炭焼き師なので、では、早々に送ってほしいと頼んでおいたのだが、なかなか届かない。私は私で『Japanist』の編集で忙しいことを理由に、しばらく放っておいた。結局、彼はそのことを失念していたらしく、この講演の機会に直接受け取ることになったのであった。

 相変わらず、ハートフルで威勢のいい語り口調だった。会場には若者がたくさんいたが、伸介の話はかなり彼らの心の奥に届いたと思う。

 こういう話があった。

──大人たちが、「最近の若者は夢がない」と言う。しかし、僕(原伸介)はそういう大人たちに向かって言うんです。若者たちに夢がないのではありません。大人たちの姿があまりにも疲れ切っていて冴えないから、夢をもちたくてももてないのです。だって、周りに素敵な大人がたくさんいたら、自分も早く大人になって、自分の夢を実現したいって思うでしょう?

 その通り! と叫びたかった。言っては悪いが、先輩経営者を見ても、愕然とするだけ。

 金、金、金……。たしかにお金は大事だけど、それだけなの? と訊きたくなってしまうほどお金のことかゴルフのことかクラブ(若い女性が同席する酒処)のことしか興味がない「大人」がたくさんいる。

 あの人たちの人生って、いったい何だったのだろうか。もちろん、中には素晴らしい経営者もいる。しかし、全体の中ではごくわずかだ。

 少し前まで日本の経済は一流と言われていたが、本当にそうなのかなと疑問をもたざるをえない。それくらい、ひどいありさまなのだ。食品偽装事件などは、全体のそういった流れの中のほんの一部が顕在化したものであって、多かれ少なかれそのような要素を抱えた会社はゴマンとある。せっかくお金持ちになったのだったら、もっと世の中のために使えば、少しは幸せ度が増すのに……。

 だから、原伸介など、若者に語りかける機会を数多くもっている人には、若い連中に熱いメッセージを伝えてほしいと切に、切に思っている。

(090711 第106回 写真は常陸太田市生涯学習センターで公演中の原伸介氏)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ