多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > コント山口君と竹田君はマキャヴェリストか?

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

コント山口君と竹田君はマキャヴェリストか?

2017.11.13

 ふだん、あまりテレビを見ないが、それでも時々見る番組がある。例えば、「日曜美術館」「クラシック音楽館」「日本百名山」「ダーウィンが来た」「グレート・ネイチャー」等々。芸術系や自然系が多い。

 ふと気がついたら、ここにオジン系が加わっていた。「大相撲」と「笑点」と「お笑い演芸館」である。ま、寄る年波の影響には抗えないということか。

 特に漫才が好きだったわけではないし、今でもそうなのだが、「コント山口君と竹田君」にはハマっている。聞けば、1980年代から続いているという。

 ある時、偶然、二人のコントを見て、度肝を抜かれた。「なんだこのマシンガントークは! 世相を斬る舌鋒は!」と。

 その後、彼らが出演する番組を録画し、同じものを5回も6回も見ている。しまいにはDVDまで買ってしまった。

 あるコントを見て、これはまさにマキャヴェリズムだと思った。

 借金の話である。

 貸した10万円を返してもらいたくて義父(山口君)を訪ねる、気の弱そうな男(竹田君)がいる。路上で義父に出会い、竹田君は金を返してほしいと切り出す。

 そのやりとりのなかで、こういう台詞があった。

「だいたいだな、君に金を借りるような人がだよ、返してほしいと言われてすぐに返せるはずがないじゃないか!」

 強烈なアイロニーである。相手も自分も貶めながら、同じ穴の狢だと言っているのだ。

 責め続けられ、こういう台詞も吐く。

「いままで君は半年もガマンしてくれた」

 懐柔策に出るのだ。すると竹田君がこう答える。

「そうですよ。お義父さんだからですよ」

「いや、ちがう。君がガマン強いからだよ。君の良さはガマン強さなんだ。君の取り柄はガマン強さだけなんだよ」

「そうですか」

「ええい、そうだとも。なんだったら、半年と言わず、2年でも3年でもガマンできるはずだ」

「なんか、いままで余計なことに気を取られて、自分の良さをずっと忘れていました」

「人間なんてのはそんなもんだ!」

 これも外交でよく使う手だ。相手をたてて、逃げ道を作る。

 われに返った相手から執拗に返済を迫られると、最後に山口君はこう言い放つ。

「だいたいだな、君が私に金を貸してくれたばかりに、もっと困ってしまったじゃないか!」

 これにはぶっ飛んだ。論理の飛躍もはなはだしい。しかし、真実でもある。つまり、貸した方が悪いと言っているのだ。あなたが貸してくれたばかりに事態はさらに悪くなってしまったじゃないか、と。

 こんなやりとりが続くコントである。

 軽妙なやりとりの漫才もいいが、聞いたそばから忘れてしまう(それでいいのかも)。でも、コント山口君と竹田君は、人間の心の暗部を突いている。時に世界史、外交史を連想する。古典の小説を連想する。だから、私は笑う。何度見ても笑っている。

(171113 第766回 写真:漫才協会のオフィシャルサイトより拝借)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ