多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > ググッとグンマの赤城山へ

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

ググッとグンマの赤城山へ

2017.09.09

 駅構内のポスター掲示板で、「ググッとグンマ」というコピーが目についた。

「なんだ? この名状しがたいダサさは!」

 よく見ると、JRの群馬観光ポスターだった。「ググる」をひっかけたコピーなのだろうか? よくわからない。だいたい、自治体のキャッチフレーズはどうしようもなくダサイものが多いから、とくだん驚くことはないのかもしれない。それに、このポスターを見て、「そうだ、群馬の山に登ったことがなかった」と思い、「ググッとグンマ へ」向かうことにした。効果はあったということだ。

 目指すは赤城山。

 とはいっても、赤城山は単一の山ではなく、黒檜山(1,828メートル)などいくつかの山の総称である。

 大沼から急登が続くコースを上る。距離はさほどないが、ひたすら急な上りを歩く。クマが出没していると聞き、周囲を警戒しながら歩いた。

 1時間半くらいで黒檜山頂上に着いた。例年、8月に登っている山と比べると、「かわいいもの」である。

 すぐさま山を下り、駒ヶ岳方面へ。なだらかな上りの後、すぐ頂上に着いた(写真右上)。

 今までいろいろな山に登った。槍ヶ岳、奥穂高岳、北穂高岳、北岳、甲斐駒ヶ岳、立山、仙丈ヶ岳、常念岳、蝶ヶ岳、乗鞍岳、木曽駒ヶ岳、鳥海山、月山、安達太良山、日光白根山……。今回のような楽な山を体験してしまうと、「こんな感じでいいのかも」と思えてしまう。なにより、私は山小屋が得意ではないのだ。

 

 下山して、前橋市のホテルに投宿した。中心部にある、そこそこ大きなホテルである。まずロビーに入って驚いた。むやみやたらと広いだけで、客が誰もいない。従業員も一人しかいない。「閑散としていた」というようなレベルを超えていた。エレベーターに乗って、またビックリ。壁に貼ってある観光ポスターがボロボロなのだ。やる気のなさが随所に現れていた。

 地方創生と叫ばれて久しいが、まずは足元から見つめ直し、「やる気」を出さなきゃ。中心部のケヤキ並木は立派に残っているのだから、他にもいいところはあるはず。誰か仕掛け人を起用して、大ナタをふるえば、大きく変われるはずだ。

(170909 第750回 写真上は駒ヶ岳の頂上に立つ髙久、下は黒檜山中腹から見る大沼)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ