多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 信州のバカボン、ワープす

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

信州のバカボン、ワープす

2009.04.17

 誕生日の午後、出勤したらサクラ色のバラが私を迎えてくれたことは前回書いた。それだけでもサプライズだったが、その日の夜、とんでもない(あってはならない)サプライズが待ち受けているとは想像だにしなかった。

 仕掛け人は、かの信州に住む炭焼き師で、名は「原伸“スケ”」という。今回の事件は精緻な「隠密行動」によって巧妙に仕掛けられた。

 ある人から誕生日のお祝いをしたいと嬉しい申し出があり、オトワレストランで会食することになった。

 ここ数ヶ月のハードスケジュールの影響で、フレンチのフルコースを食べる機会が減っていたが、やはりフレンチはいい。味もさることながら、フレンチの佇まいが好きなのだ。このことは和食についても言える。ちなみに中華の佇まいは好きではない。味も嫌いではないが惹かれることもない。そもそもテーブルを回しながら少しずつ分けるというスタイルが私の性に合っていない。そこに座っている人同志がうち解けるための方法だと聞かされれば納得するが、要するに血族以外誰をも信用しない中国人が考案した食のスタイルだろう? 中国人のグループは例外なく大声だが、あれとて小声で喋ってると誰かの悪口を言っていると誤解されてしまうために大声を出しているのだと中国人に説明されたことがある。私は騒々しいのが好きではない。バラエティ番組、合コン、渋谷……どれもダメ。でも、一部のロックは好きだけどね。

 さて、メインの肉料理を食べ終え、そろそろデセールの出番かと思った矢先のことだった。ギャルソンがつかつかと寄ってきて、「高久様にシャンパンのお届け物があります」と言うのだ。

「届けもの? おかしいな。ここで食事をするって誰にも言っていないのに……」

 いろいろと心当たりの顔を思い浮かべるものの、どうも腑に落ちない。

 いったい誰なのだ? 最近会った人? もしかして裏千家の千玄室大宗匠? いや、それは絶対にありえない! では、山田宏杉並区長か? いや、それほど暇なはずはあるまい。あの方は大命を帯びているのだ。

 では、資生堂の福原義春名誉会長? まさか! どう考えてもそういうことをしそうにない。では、日本画家の那波多目功一画伯? イメージするだけで楽しい。が、それも絶対にありえない。では、政治評論家の佐々淳行さん? まあ、それも無理だろうな。

 そのようにして大物ばかり頭に浮かべるものの、すべてただの妄想に終わる(しかし、楽しい)。

 やがて、斜め後ろ45度の角度から一人のシェフがやってくるのが視界に入った。コックコートが目に飛び込んできたのだ。そのコックコートに違和感を感じると同時に、「信州のバカボンからシャンパンのお届け物です」と聞こえる。

 耳に馴染んだ声だ。すかさず、大げさにリボンを巻いたシャンパンを私の目の前に差し出してくれた。瞬間、オトワレストランとコックコートと「バカボン」という言葉がまったくつながらない。これはただごとではない、そう思いつつ視線を上げると、なんと「信州のバカボン」の誉れ高い原伸介が立っているではないか。しかも、よく見ると和服の上にコックコートを着ていて着膨れ状態である。視線を降ろすと、コックコートの裾の下に雪駄が見える。

 前日の夜、伸介はノブ君から東京に来てくれないかと誘われていたが、窯だしがあるから山を降りられないと答えていた。それだけに驚きだった。

 聞けば、その日の朝、「ある情報の漏洩により」私の行動をキャッチ。すぐさま特急「あずさ」に乗り、松本から新宿へ。そこで乗り換え、宇都宮に来たと言う。所要時間は5時間超。

「そのコックコートは音羽シェフのですか?」私は訊ねた。

 彼の答えによれば、途中電車の中で音羽シェフに電話をし、かくかくしかじかの理由なのでコックコートを貸していただきたいと頼んだという。

 プロの料理人がぬかずく音羽シェフにいきなり電話して、会ったこともないのにいきなりコックコートを貸してほしいと言う度胸はダテに「バカボン炭焼き」の称号を戴いてはいないようだ。

 ただ、これは音羽シェフだったから良かったものの、普通のシェフだったら「おぬし、フランス料理をナメとんのか!」と怒鳴られてしまっただろう。

 くれぐれも良い子の皆さんは真似をしないでくださいね。でも、高久は心から楽しませていただきました。

(090417 第93回 写真はコックコート姿の原伸介)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ