多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > うーにゃん先生流マインドフルネス

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

うーにゃん先生流マインドフルネス

2017.07.31

「髙久さん、お願いがあるんですけど」

 ある日、香りのコーディネーター・新井幸江さんから相談を受けた。新井さんは以前、『Japanist』の「日ノ本の清談」でもご登場いただいた方で、本業の傍ら、修善寺で家庭農園もされている。

 相談というのは、新井さんが新たに立ち上げる「気和心」というショップサイトに、わが家の家宝であり師匠でもある「うーにゃん先生」に登場してほしいという内容だった。

「わかりました。とくだん、忙しそうにはしていませんが、私が勝手に返事をするわけにはいきませんから、まずはうーにゃん先生のご意向を聞いてみます」と言って辞した。

 帰宅して事情を話すと、即座に断られた。かなり忙しいのだという。

 そのことを新井さんに伝えると、「そこをなんとか……」と再びお願いされる。それをうーにゃん先生に伝えると、「とにかく忙しいのだ」の一点張り。それをまた新井さんに伝えると、「それは重々承知の上で」と譲らない。

 二人の板挟みになって困り果てた私は、最後の手段に討って出た。マタタビである。極上のマタタビをうーにゃん先生に献上し、ようやく連載の許しを得たのであった。

 そんな経緯があって(本当かな?)、めでたく「うーにゃん先生流マインドフルネス」が始まった。

「気和心」ショップサイト

http://happydragon.shop/

 うーにゃん先生の一言ひとことが沁み入る。読めば必ず得るものがある(はず)。

 第1回目の「うーにゃん先生流マインドフルネス」で語られた「無可無不可」の奥義を、本サイト「日本人として覚えておきたい ちからのある言葉」でも紹介している。

http://www.compass-point.jp/kakugen/

 さらに! 一週間に一人、さまざまな人を紹介している「人の数だけ物語がある インタビューブログ」では、うーにゃん先生に直撃インタビューしている。聞けば聞くほど、うーにゃん先生の偉大さが身に沁みてくる。

http://www.compass-point.jp/interview/

(170731 第740回 写真上はまどろむうーにゃん先生。下は継続して猫背矯正をしてもらっているうーにゃん先生)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ