多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 三つの椅子対談

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

三つの椅子対談

2009.02.09

 二期倶楽部などを経営する二期リゾートが発行する『三つの椅子』という季刊誌のメインの対談記事をまかされることになった。自分が主体的に書く取材記事に比べれば、対談記事をまとめるのは楽と言えば楽だが、登場する人を聞いて、これは本気ださないとダメかも、と思った。

 福原義春・資生堂名誉会長と伊藤俊治・東京藝大教授。

 福原氏は知る人ぞ知る知の巨人。資生堂を知的で洗練されたイメージの企業に成長させた牽引車である。当然のことながら深い人生哲学と驚異的な知識を併せ持っている。

 ある寒い冬の日、二期倶楽部の一室において、対談が行われた。

 ある程度ナビゲーションをまかせていただいたので、なるべく速攻で自分の陣地に引き込もうと思った。すなわち、自分の得意分野に誘導して語り合っていただくということ。自分が好きな分野、得意な分野であれば、書くときに苦労はしないし、的はずれの表現もないはず。そうは言っても、1-2で負けていて残り時間10分を切った時に有効なサッカーのフォーメーションは? とか、ユッスー・ンドゥールのリズムの特徴は? とか、イタリア車とドイツ車の設計思想の違いは? とか、ピンク・フロイドとステゴザウルスの共通点は? 原伸介とてんつくマンはどっちがエライか? などと訊いたら、ご両人とも卒倒してしまうかもしれないので細心の注意が必要である。

 ということで、おそるおそる「日本人の自然観」「企業の文化活動」などにフォーカスして対談を進めさせていただいた。結果は同季刊誌にて……と言うものの、非売品なので、入手するのは二期リゾートの顧客になるか交流を持つか以外にない。なかなか入手できないところがいいな。

 ちなみにその季刊誌、デザインを原研哉氏が担当している。糸で綴じた製本が印象的な、とても上品で知的な小冊子である。

(090209 第86回 写真は対談風景。右が福原氏、中央が伊藤氏)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ