多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 桜、サクラ、さくら

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

桜、サクラ、さくら

2017.03.29

 いよいよ春到来。

 春在一枝中(春は一枝中にあり)。いまかいまかと気配を窺っている植物たちは、わずかに感じ取れる春の兆しに反応する。その感知能力はみごとなものである。便利になり過ぎて、鈍感になってしまったわれわれ人間には及びもつかない能力である。
 4月という月は、私にとって重要な月だ。この世に誕生したのは58年前の4月であり、事業を興したのは30年前の4月である。家族をはじめ関わりの深い人も4月生まれが多い。愛猫・海(うーにゃん)が生まれたのも18年前の4月だ(おそらく)。愛車がやってきたのは10年前の4月、『Japanist』を創刊したのは8年前の4月だった。
 とくだん意図したものではない。偶然、節目が4月になっているのだ。おそらく私の中にある野性が無意識のうちに求めた結果なのだと思う。
 今年は開花宣言が出された後、寒い日が続き、満開にはほど遠い。それだけに「4月に満開」という、私が願っている状態になりそうでワクワクしている。

 

 桜といえば、西行だ。

 

ながむとて花にもいたく馴れぬれば 散る別れこそ悲しかりけれ

 

春風の花を散らすとみる夢は さめても胸の騒ぐなりけれ

 

願はくは花のしたにて春死なん そのきさらぎのもちづきのころ

 

 望んだ通り、西行は釈尊涅槃の日(陰暦の2月16日)に入寂した。
(170329 第710回 写真上は新宿御苑の桜の幹に生えた新芽。下は東京ガーデンテラス紀尾井町の桜。開花はもうすぐ)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ