多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 『Japanist』 創刊予告

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

『Japanist』 創刊予告

2008.12.25

 さまざまな点と点がつながり、ひとつの雑誌が創刊されることになった。

 名前が勇ましい。『Japanist』。文字通り、「日本」の「専門家」。つまり、日本に詳しくなり、日本人としての誇りを持とうよ、というコンセプトである。けっして右翼思想でもなければ、偏狭な国粋主義でもない。

 実は、今年の9月、ある出会いがあった。フリーの出版プロデューサー・鈴木重美氏である。

 会うなり意気投合し、「何か二人で始めたいね」という思いが、この雑誌の最初の細胞分裂であった。

 やがて、ある運動に触発される形で一気に構想が膨らみ、具体的な形にしていく中で、株式会社JLの小島伸浩氏と出会い、核融合が完成したのである。ちなみに、JLは雑誌の流通を主な事業としている会社である。

 さらに、この雑誌の理念に共感してくれた中田宏氏がコーディネーターという形で参画してくれることになった。この結果については、さまざまな憶測がなされるかもしれない。彼のネームバリューを生かそうとしているな、とか、週刊誌で攻撃されている人と関わるのは得策ではないのに、などと。

 ここで明言するが、そういうチマチマした考え方は私の得意な方面ではない。純粋に私たちの理念と中田氏の理念が重なったから、こういう形になったのである。ちなみに、週刊『現代』のおぞましい捏造記事は、まさしく犯罪である。中田氏を憎む輩がガセネタをフリーライターにつかませて書かせ、雑誌の編集者がなんらフィルターを通さずに誌面にしてしまったという、現代のマスコミの病巣が凝縮されたパターンである。もちろん、あんなものを読んで鵜呑みにするような愚かな日本人はわずかしかいないと思うが。

 それはさておき、年内に16ページの予告号を完成させ、フリーペーパーとして正月に配布したいとう小島氏の意向を受けて、超が3つつくくらいハードなスケジュールで仕上げたのが、写真の『Japanist』予告号である。

 この雑誌の理念は、こうなっている。

 

 一 世界八大文明のひとつに数えられる日本文明を探究する。

 二 世界に通用する日本の芸術・生活文化・思想・技術を伝える。

 三 相互尊重の精神を基に、世界のあらゆる文化を認める。

 四 多様な生き方の選択肢を提示する。

 五 さまざまな先進的成功事例を紹介する。

 六 この国の未来像を描き、それに至る道すじを提示する。

 七 日本人としての誇りを醸成する。

 

 上記の理念に沿って、日本探求、新しい国作りの提案、日本の文化、多様な生き方、新しい形の教育の姿など、多角的に切り込む。有名無名を問わず日本の粋と言い切れる人ばかりを選ぶつもりである。

 創刊は2009年4月を目指している。

 今でも『fooga』で忙しいのに、もうひとつ雑誌を作るなんて……、と心配してくれる人もいると思うが、実はこれだけではすまないからおもしろい。他に同時進行しているプロジェクトが複数ある。まったく無謀な話である。

 目下のテーマは、それらをこなしながら、いかにして遊ぶか。

 これこそパワーとセンスが問われるところである。

(081225 第81回)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ