多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 松下政経塾主催の懇談会

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

松下政経塾主催の懇談会

2008.11.30

 去る11月21日、「松下政経塾政経研究所 日米次世代会議プロジェクト パトリック・クローニン氏、フランク・シルフォ氏を囲む懇談会」に出席した。場所は永田町の参議院議員会館。永田町界隈は、今までまったく縁がなかったエリアであるのに、なぜ、私がそんなところに出没したのか? うーむ、これはいまもって実に不可解である。

 参加者は10数名。ゲストスピーカーである二人のアメリカ人を除き、私ともう一人以外すべて政経塾OBの政治家及び政治関係者ばかり。会議室に入ると、机の上の英語のネームプレートが目に入り、「おや?」。

 会議が始まるや、みんな英語で自己紹介が始まり、「さすがは政経塾!」。この会議は、2日後に行われるシンポジウムを前に、ごく内輪でディスカッションをしようということらしい。

 とは言うものの、ラフな雰囲気ではない。テーマは「オバーマ新政権の世界戦略及び世界情勢を予測する」。クローニン氏は、ワシントンの内部事情を明かすと前置きした上で、今後の世界情勢を占う上で重要なポイントをいくつかに分けて語ってくれた。ひとつはアル・カーイダが馬脚を現したこと、もうひとつはオバーマが勝利したことによる影響について。

 ワシントンの内部事情を明かすとは言うものの、概して新聞その他の報道に書かれていることと大きなちがいはなく、少し拍子抜けしたことは否めない。ただ、いずれにしてもはっきり言えることは、今後、日本は自らが相当な覚悟で世界にプレゼンテーションをしない限り、世界におけるプレゼンスは相対的に低下するだろうということ。世界のルールメーカーの一員でいられるかどうかは、今後国民生活にも大きな影響を及ぼすことになると思う。

 会議の後、場所を六本木に移して酒席が設けられたが、参加者それぞれと話をしながら、やっぱり松下さんは素晴らしいことをしたと思った。松下政経塾を自費で創設してから約30年になるが、その間に輩出した人材は約230名。内、約100名が国政または地方政治にたずさわっている。皆それぞれガリ勉タイプではなく、物事の本質を見る目がきちんと養われているという印象が強かった。中庸というのは、本来こういうことを言う。理想的には、自分の専門分野も料理も芸術もスポーツも伝統芸能も職人の技術も哲学・思想・宗教も、そして当然のことながら歴史にも通暁し、その上で遊び方も知っているという人材でなければ、国民を束ねられるリーダーにはなれるまい。政経塾の成果が出るまでには25年かそこらが必要だろうと松下幸之助は語ったというが、実際にそうなってきた。

 やはり慧眼というべきか。

(081130 第78回 写真は会議風景。右端が筆者、その隣が中田宏氏)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ