多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 母は偉大なりし!

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

母は偉大なりし!

2016.10.05

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%82%99 前回に続き、鶴岡ネタを。

 加茂水族館を訪れた。クラゲで有名な水族館だ。
 なにをかくそう、私は水族館が好きである。この水族館のことは、堀文子さん(画家、本サイト「力のある言葉」の前回で彼女の言葉を紹介)の画文集で知った。堀さんは自身の画業の締めくくりに、クラゲを選んでいるが、この水族館がお気に入りのようだ。江の島水族館もクラゲで有名だが、加茂水族館はさらにスケールが大きい。先月は天皇・皇后両陛下もご訪問されたそうだ。
 今でこそ多くの入場者を集める同館だが、一時は経営危機に陥ったという。前回紹介した山澤清さんは「魚を買うカネがなかったから、しょうがなくクラゲを海から捕ってきて入れた」と言っていたが、真相はそうらしい。鶴岡の近海にはいろいろな種類のクラゲがわんさといるのだ。
 あるとき、同館の関係者が若い女性たちの黄色い声に驚き、近づいてみると、なんとクラゲが産卵しているのを見て驚いていたという。
「そうか、そんなものに感動するのか!」と直感が走ったという。
 同館の成功は、もともと身近にあるものにあらためてスポットを浴びせたことによるものなのだ。

 

 ところで、加茂水族館で感動したのはクラゲだけではなかった。ミズダコが産卵しているところが見られたのだ。
%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%82%99%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%b3%e3%81%ae%e7%94%a3%e5%8d%b5 ミズダコの卵には付着糸という糸がついていて、これがくっついて絡まることで扇状の卵塊になる(写真参照)。孵化までに半年ほどもかかるが、なんとその間、母ダコはなにも食べないで卵を守るという。そして子ダコが孵化するのを確認すると、静かに命を終える。
 なにものかによってプログラミングされていることとはいえ、じつに崇高な行為である。
 母は偉大なりし!
(161005 第669回 写真上は浮遊するクラゲ。下はミズダコの産卵)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ