多樂スパイス
HOME > ブログ【多樂スパイス】 > ウルトラマンにイカれた子どもだった

ウルトラマンにイカれた子どもだった

2008.09.28

 何を隠そう、子どもの頃はウルトラマンっ子だった。ウルトラQから始まり、ウルトラマン、ウルトラセブン、帰ってきたウルトラマン〜と続くウルトラマンシリーズに夢中になり、ひそかに「特製怪獣図鑑」を編纂していた。ウルトラマンに登場するすべての怪獣に関する詳細なデータを書き込んだ手製のノートだ。体重、体長、出身地、得意技、来歴、死に方まで個性的な字で(当時からそうだった)書き綴っていたのである。今でもその図鑑があったらな、と思う。私にとっては貴重な資料となっていたはずだ(何の資料かわからないが)。ウルトラマンの背中にあるチャックの存在は当時もわかっており、まさか実際にウルトラマンがいるとは思っていなかったが、あれを見ていると異様に興奮したことを憶えてる。悪を懲らしめるって、スカッとするのだ。

 だから、テリー(北原照久氏)がプロデューサーを務める横浜人形の家で「ウルトラ8兄弟」の展示が行われると知って、小躍りした。これは行かねばなるまい。

 そして、行った。やはり、たくさんのウルトラマングッズがあった。実際に撮影で使用した横浜市街のジオラマまであった。模型で造られたビルや道路とウルトラマンや怪獣のセット。

 なんでここまで集めるんだろう、と今なら驚かない。北原さんが「使命感」で集めていることを知っているからだ。

 モロボシ・ダンがウルトラマンに変身する時に使う懐中電灯みたいなヤツ(名前ど忘れ)もいくつかあったが、今ならどうしてこんなモノまで集めるのか、と不審に思わない。テリーが使命感で集めていることを知っているからだ。

 デザイナーが怪獣を生み出す時に描いたスケッチも何枚かあった。

「いったい、どうしてここまで……」

 使命感で集めているのはわかっていた。しかし、どうしてここまで、と最後は呆れてしまう。そして人間は奥深いなあと感嘆してしまう。

 そうさせてしまう北原さんは、やっぱりとてつもない人だ。

(080928 第69回  写真は入口付近にあるポスター )

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ