多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 明治記念館のビアテラス「鶺鴒」

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

明治記念館のビアテラス「鶺鴒」

2016.08.21

明治記念館ビアテラス ここ数年、真夏にビアガーデンで多樂塾の納涼会を催している。昨年までは麻布十番の「さぬき倶楽部」で、今年は神宮外苑の「森のビアガーデン」で行う予定だった。ところが、メンバーの一人から、「明治記念館のビアテラスは都内で最高ですよ」と言われ、変更した。

 明治記念館は『Japanist』22号の巻頭対談で、三浦雄一郎氏と中田宏氏の取材を行った場所でもある。
 もともとこの建物は赤坂仮御所の別殿だったが、大日本帝国憲法制定の功績により、明治天皇から伊藤博文に下賜された。伊藤は大井にある自邸に移築したが、彼の没後、再び神宮外苑に移築され、憲法記念館となった。その後、明治記念館と名称を改めたという経緯がある。
 外苑の一角という立地と由緒ある建物。まさに「都内最高」と言える。森のビアガーデンは家族連れや若者のグループなど、ワイワイガヤガヤと賑やかだが、こちらは大人の雰囲気。会場を見渡せば、もっとテーブルを設けられるはずだが、ここは〝適度〟をわきまえている。館内にある日本画の数々も見応えじゅうぶん。その分、値段も張るが、それは仕方がない。
 例年、予約開始とともに予約席が完売となってしまうため、自由席を求めて夕方4時半から受付に並んだ。
 歴史ある建物に囲まれた芝のガーデンでは日本舞踊の演し物、そして、花火打ち上げの興もある。もちろん、2時間制などという無粋なことはない。あまりに快適だったので、夏休みに帰省した娘を連れ、家族で再度訪れた。
 お盆を過ぎたとはいえ、夏はまだまだ続く。明治記念館のビアテラス「鶺鴒」(せきれい)、お薦めです。
http://www.meijikinenkan.gr.jp/
(160821 第659回 写真は明治記念館のビアテラス「鶺鴒」)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ