多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > なぜトリカブトは猛毒をもっているのか

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

なぜトリカブトは猛毒をもっているのか

2016.08.17

トリカブト 前回、甲斐駒ケ岳に登ったことを書いたが、山小屋の前に奇妙な植物があった。紫色で妖しい形をしている。聞けば、トリカブトだという。

 以前、世間を震撼させる事件があった。3人の女性と結婚し、保険をかけては殺すという猟奇事件の犯人が用いたのは、なんとトリカブトだった。
 トリカブトは全身毒だらけらしい。特に猛毒を含んでいるのが根っこだ。毒の正体はアコニチンと呼ばれるもので、致死量はわずか0.2〜1mg。しかも即効性があり、量によっては数分で絶命するという。
 どうしてトリカブトに猛毒があるのか、不思議でならない。自然界は無駄なことはいっさいしない。これは鉄則だ。であれば、なぜトリカブトは猛毒を持つに至ったのか、これが知りたい。
 毒は薬にもなる。実際、トリカブトを用いた薬もあるという。放射能は危険だが、微量であればプラスの作用を及ぼすこともある。ストレスだって過ぎたるはまずいが、ほどほどであれば生命力の活性化を促す。
 トリカブトはキンポウゲ科の植物だが、その科の特徴は美しく、そして毒を持っていることだという。そういえば、美人で怖い人は案外少なくない。
 「毒にも薬にもならない」という言葉がある。もし、私が面と向かってそう言われたら、そうとうショックだと思う。ということは、自分自身、毒か薬になっていると思いたいのだ。
 さて、なぜトリカブトは猛毒を持っているのか、という話だった。最大の狙いは天敵である動物を殺すことだろう。植物の中には苦い成分を出すことで、「わたしを食べてもおいしくありませんよ〜」というメッセージを発するケースが多いが、トリカブトはかなり過激である。おそらく、防御策であると同時に、生態系のバランスを保つための役割も果たしているにちがいない。
雲の起る時

 自然がなすことは人智を越えている。山に登っていてもわかる。かたときも休むことなく、自然は緻密な営みを繰り返しているのだ。たとえば、正面は雲ひとつない空が広がっていても、90度回れ右をするともくもくとガスが湧き上がっていることがある(写真右)。「坐看雲起時(坐して看る雲の起こるとき)」という禅語があるが、自然界の営みを注意深く見ていると、地球全体、いや宇宙全体が映画館のように思える。そして、そういう映画館は日常のいたるところにあるのだ。それらを味わうか否かはもちろん本人しだいである。
(160817 第658回 写真上はトリカブトの花。下は甲斐駒ヶ岳近辺の山)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ