多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 座っている二宮金次郎って……

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

座っている二宮金次郎って……

2016.05.09

二宮金次郎像 「最近、二宮金次郎の像が復活しているらしいですよね」

 だれに聞いたか忘れたが、そんな話を聞いた。
 「へぇ〜、それはいいことですね」
 そう答えた。私が通っていた小学校にも、二宮金次郎像があった。なぜ、子供が本を読みながら薪を背負っているのかわからなかったが、感心な子供だと思った。子供心にも……。
 ところが、いつの間にか全国の学校からこの像が消えていった。背後に日教組の影響があったことは、容易に想像がつく。
 「ところがですね。新しく造られた像は、本を読んでいる子供が座っているらしいんですよ」
 その人はそう言葉を継いだ。
 「へぇ〜。な、な、な、なんで?」
 言葉が裏返った。
 「どうやら児童虐待だと批判を浴びたらしくて……」
 重たい荷物を背負わせて〝強制労働〟させるのは児童虐待ということらしい。
 それを聞いて、笑ってしまうやら、嘆息をつくやら、どう反応していいかわからなかった。
 そこまで意図を曲解させたいのなら、あえて二宮金次郎の像など造らず、キャラクターの人形でも飾っておけばいいんじゃないのかなあ。困った大人たちです。
(160509 第635回 写真は三島市にある報徳二宮神社の〝正しい〟二宮金次郎像) 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ