多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 花の乱舞

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

花の乱舞

2016.04.07

ハクモクレン満開 つぎつぎと花が春の到来を告げている。

 この季節の主役は、もちろん桜だ。あのごつごつした幹と艶やかな花のアンバランスが絶妙だ。
 相変わらず新宿御苑を2日に1回走っているが、桜が散るのは紙吹雪が舞っているかのよう。幻想的だ。体の芯から、いや心の奥から歓びの渦が湧き上がってくる。
 千鳥ヶ淵のような晴れ舞台もいいが、名もない山の中腹に咲く山桜もいい。いつもは黙っているのに、この季節だけ、「ほら、ここにいるよ」と教えてくれる。
 桜よりひとあし早く咲くハクモクレンも素敵だ。楚々としているのに存在感がある。青空を背景に白い花が咲き乱れているのを見ると、だれかがつくった巧妙な映像ではないかとさえ思う。
枝垂れ桜の滝 川沿いの土手などに咲く菜の花もいい。黄色い絨毯が敷かれたようで、見ているだけで心が浮き立ってくる。黄色はそういう効果があるのだろう。以前乗っていたクーペ・フィアットという車は、運転席の前に幅10センチほどの黄色いラインが走っていて、乗り込むたびに心が弾んだものだ。
 忘れてはいけないのは、だれも歩かないような薄暗い道にひっそりと咲く赤い椿だ。ふと目が合うと、ドキドキする。妖艶なのだ。昔から椿ファンは多いが、風通しのいいところより、空気がもったりとしているところの方が合うと思う。
 ボケ、シャガ、ハナニラ……。あげていけば、きりがない。
 当分の間、創造主からの恩賜に目が離せない。
(160407 第628回 写真上はハクモクレン、下はしだれ桜。いずれも新宿御苑) 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ